ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

趣味にはお金がかかるものと、そうではないものがある。特にお金がかかってしまう趣味の代表格がギャンブルだ。
しかし、ギャンブルをやめて、お金のかからない趣味を始めたはずが、
また別の泥沼にハマってしまう……というケースもあるようだ。

37歳の男性Sさんは、独身の会社員。大学生の頃からパチンコやパチスロをするようになったという。
学生時代はあまりお金もなかったので、
月に1回くらいパチンコを打つ程度だったが、就職してから自由になるお金が増えると、パチンコに行く頻度が急増。
休日はほぼ毎回パチンコ店に行き、平日も仕事が早く終わった時は夜からでも打つようになっていた。

もちろん勝てれば問題ないのだが、そう上手くいかないのがギャンブルというもの。
トータルでは負けてばかりで、月に10万~20万円も負けることもあった。貯金ができないどころか、
給料を使い果たすこともあったため、「さすがにこれではいけない」とSさんはパチンコをやめる決心をした。

「暇な時間のほとんどをパチンコに費やしていたので、いざパチンコをやめてみたら時間が余って仕方ない。
そこで『ゲームならお金もかからないし時間も潰せるよ』と友人から勧められて、PlayStation3を買いました。
最初にプレイしたのは『グランド・セフト・オートV』でした」(Sさん、以下同)

『グランド・セフト・オートV』は広大なマップの中で自由に動き回りながらミッションをこなしていくアクションゲーム。

「たしかにやり込む要素が沢山あって、何時間も飽きずにプレイできましたね。
最初にゲーム機とソフトを買ってしまえばずっと遊べるので、パチンコとは比べ物にならないくらいに、
コストパフォーマンスが良いと思いました」

しかし、Sさんはこのあと、新たなゲームソフトに手を出し始める。
その結果、ゲームにどんどんお金を使うようになっていったのだ。

「サッカーゲーム、レースゲーム、格闘具のゲームなど、スポーツ系のゲームをやるようになり、
それからFPSと呼ばれるシューティングゲームもやるようになりました。
元々凝り性ということもあって、1回興味を持つと、トコトン突き詰めたくなってしまうんですよ。
そうやって、とにかく沢山のゲームを次から次へと買うようになりました」

全部のゲームを買わなくては気が済まない……という泥沼
ゲームにハマってしまったSさんは、あらゆる新作ゲームを買うという生活に突入してしまう。

「ジャンルを問わずに気になったゲームは全て買っていました。
全部のゲームをプレイする時間もないのですが、とりあえずちょっとプレイしてみて、
ピンとこなかったらすぐにやめて……という感じです。多分月に10本くらいは買っていたと思います」

さらに最近ではスマホゲームのガチャにもお金をかけているという。

「ゲームと名がつくものはどうしても触ってみたいという願望があって、スマホゲームもプレイするようになり、
やるならしっかりやり込みたいということで課金アイテムにも手を出してしまいました。
こちらは、使う額は多くても月1万円くらいでしょうか」

みんなの反応

原因は趣味の内容じゃなくてお前の頭だぞ


こういうやつ等は金を浪費することに快感を覚える中毒なんで、
そこん所自覚しなければナニやってもムダ


パチンコとかゲームが問題じゃない
コイツはスポーツしても登山しても園芸はじめても道具に凝って散財するだろう
単にブレーキが無い人間ってだけだ


MMORPGやれよw
オフゲーならスカイリムとかやれw


普通はゲーム一本100時間とか遊べるから1日3時間やっても月に1本消費できるかどうかだけどな
PCゲーやスマホのガチャに凝りだすと金かかるw


こーゆう奴は「趣味と実益を兼ねて農業やれば?」と勧めたとしても
ランボルギーニのトラクター買って散財しそう。


これは、ゲームが趣味なんじゃなくて、散財が趣味なタイプだろ


金使って欲満たしてる感じだ…これなんの趣味やっても変わらなくねwwwwそれにソシャゲに手だしてる時点で何もわかってない。


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2018年1月6日 15:56
    返事

    スマホゲーのほうが金描かkる

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ