ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

 11月7日放送のドキュメント番組『セブンルール』(フジテレビ系)で、オードリーの若林正恭(39)が“仕事”にまつわる持論を展開。視聴者から共感の声が上がっている。

この番組は、さまざまな分野で活躍中の女性にスポットを当て、その仕事ぶりやプライベートに密着するという内容。女性たちが自分に課している“ルール”について、スタジオにいる若林やYOU(53)らがトークする。

この日の放送では、ファッションブランド「H&M」のPRマネージャー、室井麻希さんの多忙な生活に番組が密着。室井さんは、華のある仕事は同じチームメンバーに任せるスタイルで、みんなが楽しんで仕事することを一番に考えているという。

だが、「朝起きて“会社に行きたくないな”と思わないでほしい」と語る室井さんに対し、若林は「朝起きて“仕事楽しいな”みたいなのを、俺は“エンジョイ・ハラスメント”って呼んでる」と反論。「“だりぃな”と思いながら仕事の現場に行って、ちゃんとやって、“これで良かったかな?”くらいで帰ってもいいじゃん」と力説した。

実際、若林はネタを作る作業が「全然楽しくない」と語り、ライブが終わった後、「まぁ良かったかな」と思う程度でやっている、と自身のスタンスを明かした。

この若林の言葉に、同調する視聴者は多かったようだ。ネットには「若林の言うエンジョイ・ハラスメント、超分かる」「私が職場に感じていたモヤモヤの正体はこれだったのか!」「ただでさえ仕事は大変なのに、“楽しく思え”って押しつけるのは、まさにハラスメント」と共感する人が続出。中には「“エンジョイ・ハラスメント”という単語を生み出した若林、天才だろ」というコメントもあった。

みんなの反応

エンジョイハラスメントそのものよりも某サイトの記事見出し「オード若林」表記の方が気になる。えっ?今みんなそう略してるの?それとも脱字なのー?


楽しいときもあれば、だりーーって時もあるのが仕事で、全色キラキラカラーにすべく頑張る必要はないんだと思ったら、かなり気が楽になったな。キラキラカラー面積は人それぞれの好みによるわけで


その他
仕事はいつでも楽しいってものではないけど、楽しみを見いだして取り組んでる時に「楽しくない、しんどい」の共感を求めてこられるのは何ハラスメントなんだろう?


その他
オードリー若林さんの言葉っていつもセンスあって好きだな。じゃない芸人と呼ばれてたのに気付けば杏ちゃんとCM出てたり、最近人気のカワウソにも似てるし、最高かよ


「リア充しようぜ民」!!!勝手にやれ!!あたしは生きやすい人とだけ生きる!ww


エンジョイハラスメント(笑)
わかる~!超わかる!


ピタッとくる言葉。
なるほど。
良い表現だな。


わらう
言いたい事は何となく分かる。
素直に楽しいならいいけど、ムリクリ楽しくはなりたくはない。
グチグチいうかもしれない。でも愚痴った分は頑張る、かな。


仕事がたのしい。でもそうじゃなくてもいいよね。自分の優先したいのは何か。お金、時間、内容、それが満たされればいいと思う。私はたのしい。けど楽しさを押し付けてハラスメントになるのは違うよね。


楽しめればその方がいいけど、どっちにしろ働かなくちゃいけない。大抵、働くことで精一杯。やり甲斐とか生活との両立とか考えられるのは、また違う次元というか。そんなこと考える暇もなく仕事してますよ。これ以上のべき論は生きづらくなるかもな。


どんな気持ちで働いても、人の迷惑にならなきゃいいよね。
どちらにしても巻き込みすぎは考え物


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ