ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

家康の死因伝説の真偽は(写真:嵯峨釈迦堂所蔵/AFLO)

 歴史上の偉人たちが最後に何を食べたかについて、様々な逸話が残されている。食文化研究家の永山久夫氏によれば、通説として知られている最後のメニューが実際には違っていたり、意外なものを最後に食べている例も少なくない。

■徳川家康と「鯛の天ぷら」の真実
 家康といえば“鯛の天ぷらの食べ過ぎで死んだ”といわれてきたが、史料研究が進み、最後は胃がんで亡くなったと考えられている。

「鯛の天ぷらを食べて倒れた記録があるのは事実ですが、死んだのはその4か月後。療養の身の家康が最後に食べたのは、お粥など養生食だったと考えられます」(前出・永山氏)

■織田信長が本能寺で口にした「かまぼこ」
 それが最後の食事になるとは露ほども思っていなかったであろう偉人も少なくない。代表例は本能寺の変で命を落とした織田信長。

「明智光秀に討たれる前日、信長は茶会を開きました。その献立の記録が残っており、『かまぼこ』や『集め汁』が振る舞われたとされています。白身魚が貴重だった当時、かまぼこは高級品。アワビや魚のつみれ、鯛などが入った集め汁も豪華なものでした」

■洋酒を飲んで逝った勝海舟
 勝海舟の死後にまとめられた『海舟座談』によれば、明治32年1月19日夕刻、入浴後倒れ込んだ海舟は「胸が苦しいからブランデーを持って来い」と家人に命じた。一口飲むと「これでオシマイ」と言って意識を失ったという。脳溢血だった。ブランデー好きで、人を食った勝らしい最期だ。

■鍋を食えずに討たれた坂本龍馬
 対照的なのが海舟の弟子で同志でもあった坂本龍馬だ。暗殺直前、風邪気味だった龍馬は、精力をつけるべく軍鶏鍋を食べようとして、身の回りの世話係だった菊屋峯吉に軍鶏肉を買いに行かせた。その間に襲われてしまった。“食べようとしたものを食べられなかった最期”もあるのだ──。

みんなの反応

「鯛の天ぷら」って美味しいのかな?


もっとも天ぷらにしてまずいものをほとんど知らないが。


便所でうんこしてたら脳溢血になって死んだ上杉謙信


敗者の便『ウンのつきであった。』


ふんわりと揚げたら絶品だよ。白身の天ぷらは美味しい。


家康は今の焼津市付近で趣味の鷹狩をしていて
命を狙って潜んでいたやつに鉄砲で撃たれた傷がもとで死んだと聞いた


といっても徳川家康って当時では結構長寿じゃなかったっけ?主君が何人も変わりに変わって世間渡りも上手だったってことよね

徳川軍団に学ぶ組織論 (日経ビジネス人文庫)
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 78,018

関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年11月27日 09:57
    返事

    最強の食べ物が天ぷらだからね
    仕方ないね

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ