ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

歌手・加山雄三(80)が、ライムスターの宇多丸(48)がパーソナリティーを務めるTBSラジオ『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』(毎週土曜 深0:00)の4日、11日放送分に出演する。
今年で傘寿を迎えた加山だが、黎明期の1970年代からゲームを愛する一面を持つ。放送では『スペースインベーダー』などアーケードから最新のVRまで“ゲームの生き字引”である加山がトークを展開。
ORICON NEWSでは収録直後の2人にインタビューを行い、船上でのゲーム秘話などを聞いた。

19時間、連続でゲーム。夜中の3時にクリアして独りリビングで「やったー」と叫ぶ。中学生や高校生ならよくある話だが、どちらも80歳の加山から出たエピソードだ。
70年代からアーケードに触れ、富士通のPC・FM-7でもゲームをやり込んだ。中でも大ハマリしたのが1996年にPlayStationで発売された『バイオハザード』だ。
加山は「すごいのが出たと情報が入ってきた。すぐに飛びついて、すぐにやって、すぐにハマった」と回想し、「もう抜けられない。完全に使い物にならなくなった。家族から見捨てられたよ」と懐かしそうに振り返った。

今も同シリーズの熱狂的なファン。ナイフ縛りでプレイするなど、ただのゲーム好きではないことも明かした。
そのほか『鬼武者』シリーズ、レースゲームなど極めているタイトルも多数あり、最新のVRも所持している。収録ではPS VRに対応している『グランツーリスモSPORT』を体験。
あっという間に上達し、宇多丸を驚かせた。さらに加山だからこそ分かるあるものに気付いて全員が驚きの声を上げた。

また、ゲームをすることでステージでの動きも変わると証言。「反射神経が鍛えられる。急に変化したときに自分の心がどう動いているのか分かる。
客観的に自分自身を抑えると、ゆとりができる」とゲームをすることで全体を見ようとし、結果的に視野が広がるという。「(ステージ上で)臨機応変にできるのもゲームのおかげ」と言い切っていた。

最近ではゲームハードも多様化しているが、加山のこだわりは据え置き機。「自分の時間をたっぷりと楽しむ。ぼーっとテレビ見る時間も楽しいかもしれない。
でも、自分で中に入り込んでプレイングして楽しむ。それが家庭用のよさだね」ときっぱり。家族と共にゲームできる点も利点だ。
「俺が1番うれしかったのは、次男が誕生日に『バイオハザード3』のロケットランチャー(ロケラン)の弾数無限のデータをプレゼントしてくれたとき。
『これ、何よ』って言って開いたらロケランの無限のデータで、『お前、最高だな!』と。俺、取れなかったんだよ。半ば諦めかけたときにくれたから、もううれしかったなぁ」としみじみ。

みんなの反応

元気だな。わしは長時間画面を見ていると目が痛くなるので30代でゲームはやめたのだが


コントローラーを握ったままテレビの前で冷たくなってそーだな


ヨットに乗って釣りしかやらないと思ってたわ


この人は孫がゲーム好きで一緒にやってハマって
孫よりゲーマーになる


俺が80歳になったときにはPSVRでロリゲーができる時代になってればいいなあ


この人アウトドア派のリア充の始祖みたいな人でしょ。意外だな


ナイフ縛りとチートデータ利用で喜ぶのは
矛盾してると思うんだが


縛りプレイとかガチ勢すぎるだろw


芸能界で頂点を極めた人の最後がゲームって幸せなのか


今の若者が将来歳食ってゲームやってても不思議に思わないけど、この人がバイオにハマったのって50過ぎてからってことでしょ?
凄過ぎるわ


ナイフ縛りでやってるオッサンがロケラン無限すら持ってないんかww
この歳でゲーム上手いとかスゲェな


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(3)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年11月6日 14:04
    返事

    鈴木四郎だかはバイオハザードを老化防止でやってるんよね
    しかもかなりの腕前らしい

  • 2
    名前:
    名無し
    2017年11月6日 14:27
    返事

    鈴木さんの

    ここでゾンビを燃やします!!

    っていってたの凄い面白かったわ

  • 3
    名前:
    名無し
    2017年11月6日 20:25
    返事

    加山雄三と鈴木四郎のゲーム番組を見てみたい

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ