ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

 来年1月2、3日に開催される第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)を前に、沿道の警備や交通規制にあたる警視庁や神奈川県警が、観戦時のマナー順守を呼びかけている。

東京都内では例年、1、10区の日本橋(中央区)と京急蒲田駅(大田区)、読売新聞社前(千代田区)の付近が混雑。沿道から身を乗り出す観客が選手らに接触しそうになるケースがあった。今大会から白バイに装備したカメラで沿道を撮影し、交通規制に役立てる。

神奈川県では、山上りに挑む5区(小田原市~箱根町)の道幅が狭く、歩道がない場所も多い。県警は、のぼり旗はガードレールなどにくくりつけないよう求めている。

コース付近では小型無人機「ドローン」の飛行が禁止されている。スマートフォンやカメラを取り付ける「自撮り棒」も、選手に接触する恐れがあるため利用しないよう呼びかけている。

みんなの反応

駅伝を観に行って
自分を撮ってどうする


沿道で、ケータイ片手にテレビカメラに手を振っている観客を見ると、ああはなりたくないと思う。


走っている選手と自分を同時に写すのは、自撮り棒を使っても不可能に近いと思うのですが。ドローン規制とか当然ですね。


マナーとして自粛を呼びかけるのではなく、
ルールとして禁止してもいいと思う。


選手と並走して歩道を走ってるテレビ写りたいマンもどうにかせんと


駅伝見に行って選手じゃなくて自分写すんだ(笑)
どんだけナルシストだよ


周囲の人が見ているのは「自撮りしたかわいい、かっこいい写真」ではなく、「自撮りばかりしている貴方の姿」であることに気付いてほしい。


接触したら、テレビカメラの前に突き出せばいいし、SNSで拡散すればいい。その為のツールでもある。


いいか絶対やるなよ?

絶対やるおバカさんいるんだろうな…


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ