ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

日本人の死因1位で、年間新たに約100万人が診断されるがんのオーダーメイド型医療を国が推進している。国立がん研究センター中央病院は来月にも、個人ごとに最適な治療をするため、患者の遺伝情報(ゲノム)を検査する「がんゲノム医療」を先進医療に申請する。認められれば一部で保険がきくようになる。他にも複数の施設が申請を準備中で、国は2019年度中の保険適用をめざしている。

がん細胞の遺伝子100種以上を網羅的に調べ、どの遺伝子に異常が起きているかを突き止め、変異に応じて薬などを使い分ける方法。個々の患者のがん細胞の特徴に合う抗がん剤を使うことができ、より効果的な治療ができるようになると期待される。検査は数十万円かかり、一部の施設で臨床研究や自由診療で実施されてきた。中央病院は年明けに厚生労働省に申請。同省の有識者会議の了承を得て来年度の早い時期の実施をめざす。第一号となる見込み。

細胞内の遺伝子がコピーされる過程などで、何らかの異常が起きると、がん細胞が生まれる。ゲノム医療は、患者のがんや正常組織から細胞を採り、次世代シークエンサーと呼ばれる専用の機械で検査して遺伝情報を読み込む。複数の専門家が、情報をもとに治療法の中から最適なものを選定する。これまでの臓器ごとから、遺伝子の変異ごとに異なる治療法へと選択肢が大きく広がる。

みんなの反応

これで自分に効かない抗がん剤が分かれば、無駄な治療をしなくてよくなるので患者と医療費に無駄が無くなるね


これで少しでも患者さんの負担が減ればいいな。もちろん医療費の抑制にもつながればなお良し


患者個々に最適な治療が可能になれば、
医療費の大幅削減も期待出来ますね


オーダーメイド治療の方が従来の治療より無駄がなく効率的に治療が出来るかもしれないな


早期に保険適用にしてたくさんのデータを短期間で集めた方が研究も進むのでは?
この検査だけで何十万もかかるのでは、保険がないと殆どの人が使えない


五年後に実用化としていたがその実用化のじきが2020年だったような気がする。
抗癌剤の副作用なく、的確な医療を行うことでガンを克服できるようになり、医療費の削減にも寄与してほしいと思う


癌の治療って町医者と癌センターでは全く違うし、金持ちと貧乏人でも全然違ってくる。死に対する不公平感が最も顕著に出る部分だな。とりあえずガン保険には入っていた方が良さそうだ


医療費の抑制と死亡率の低下が期待されますね。
医学の進歩は本当に素晴らしい


保険適用だけでなく、専用機の増産と専門家の育成にも力を入れてほしいなぁ。
あと、この治療法は他の病気にも応用が利くのでは?


本当このような研究を日々されている方々には感謝しかありません


1日に約2700人が「癌です」と診断受けてるってこと?そちらにびっくりしたわ
それにドライバー遺伝子が判っても
それを標的にする薬がないから治療が変わるわけじゃなくね??


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(2)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年12月27日 09:45
    返事

    癌ってそんな多いんか…

  • 2
    名前:
    名無し
    2017年12月27日 13:26
    返事

    癌患者多すぎ…

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ