ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

最近、ら抜き言葉に関するツイートが話題になりました。11月3日に投稿された「島田教授の日本語史講座、面白すぎる! 『ら』抜き言葉で抜けてるのは『ら』じゃなかった!」。

 講義資料のパワーポイントのスクリーンを写した写真と一緒に投稿されたこのツイートは、3万3千件以上のリツイートを獲得しました。抜けているのは「ら」ではないというのはどういうことなのでしょうか?

 話題となった講義を担当したのは、二松学舎大学の島田泰子教授。ことばの歴史的な変遷を研究する「日本語史」という分野を専門にしています。

 この講義は、20人程度の小さな勉強会で行ったもの。ツイッターに写真をアップしたメンバーを含め参加者はみな顔見知りという非公開イベントだっただけに、ツイートへの大反響には島田教授も「予想外でびっくり」。

 ネット上では、誤った解釈を含むまとめ記事まで知らないうちに書かれているとのことで、真相について聞きました。

 島田教授によると、「ら抜き言葉」はその名のとおり、可能の助動詞「られる」の「ら」が抜けたと取られるのが一般的。しかし、抜けているのは「ら」ではなく「ar」だ、とする見方も成り立つのだそうです。

 「見られる→見れる」「食べられる→食べれる」の変化をローマ字で書いてみると

 「mirareru→mireru」「taberareru→tabereru」

 となります。こう書いたときに、途中にある「ar」が抜けていると見ることもできます。

 この「ar」抜き現象、「ら抜き言葉」に限らず、可能表現全般に起こっているというのです。

 「行く」「歩く」の可能形として使われている「行かれる」「歩かれる」。「用事があって行事に行かれない」「そんなに遠くまで歩かれない」など、特に上の世代や、かしこまったシチュエーションなどで使われています。

 この表現に対して、室町時代ごろから「行ける」「歩ける」といった可能動詞が生まれ、もともとあった「行かれる」「歩かれる」と併用されるようになりました。若い人には「行ける」「歩ける」の方がなじみ深いかもしれません。

 「行かれる→行ける」「歩かれる→歩ける」の変化をローマ字で書いてみると

 「ikareru→ikeru」「arukareru→arukeru」

 となり、「ar」が抜けていることがわかります。

みんなの反応

ら抜き言葉という言い方自体もそろそろ廃れるんじゃないか感がある。


興味深い。行ける、歩ける、などは良くて、食べれる、見れる、は何故良しとしないのか。言語理論的に疑問に思った学生の頃を思い出しました。


なるほど…


確かに、言われてみればなるほどです。


これ超面白い!


ら抜き言葉の記事を見たけどそもそも方言的にら抜き言葉は普通だし若者だからなんだかんだじゃない
あとらを入れるかどうかで意味変わってくるし
というどうでもいい感情になった


ら抜き言葉って、私は話し言葉やSNSなんかではあまり気にしないけど、文章で見るとやっぱり違和感がある……オンノベでもよく見かける。
自分も書類とか議事録とか書く時は気をつけてます


室町時代から続く「ら抜き言葉」。若い子で「ら抜き」すら知らない子がいるというのは、日本語として移行が完了したっていう説、おもしろい。そうなのかもしれない


ら抜き言葉で抜けてるのはarだったって何でローマ字にするの。
書いたり聞いたりで「ら」が抜けてんじゃん。


言葉も水の流れも「久しくとどまりたるためしなし」ですよ。「正しい日本語」など実はあったためしがないのです。いとあやし・・・


てことは「さ入れ言葉」は何が起こってるんだろう?


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年12月4日 14:48
    返事

    何それ初めて聞いた

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ