ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

北朝鮮が先週公開した大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の打ち上げ写真は、加工されていた可能性があることが5日までに分かった。

北朝鮮のミサイル計画を追跡しているオランダの専門家、マルコ・ラングブルク氏がCNNに語ったところによると、打ち上げ場面の背景に写っている星空に不審な点があるという。

同氏は立ち上る煙の形から撮影の方角を割り出し、ミサイルの両側から撮ったとみられる写真を比較した。本来なら背景には相対する方角の星空が写っているはずだが、そうではないことが分かった。

また、同氏と連絡を取り合っている米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのジョナサン・マクドウェル氏は、上昇中のミサイルと星空が両方鮮明に写っていることにも違和感を覚えたという。

夜間にミサイルの動きを撮影するにはシャッタースピードを速くする必要があるが、そうすると背景の星ははっきり写らない。一方、星を写すためにシャッタースピードを遅くすれば、動いているミサイルはぶれてしまうはずだ。

打ち上げ前の火星15を撮影した1枚は、背景に星空が写っているが、右下にいる複数の人物の姿がぶれていることから、シャッタースピードを下げた写真だということが分かる。これは加工されていないようだ。

マクドウェル氏によると、ミサイルが従来のように昼間に発射された場合は、公開写真の背景が打ち上げ場所を特定する重要な手掛かりになる。北朝鮮は火星15を夜間に打ち上げ、さらに背景を加工することで、手掛かりを消そうとした可能性もある。

米ジェームズ・マーティン不拡散研究センターのジェフリー・ルイス氏のチームは現在、科学捜査用のソフトウエアを使って打ち上げ写真を明るく補正し、手掛かりを探す作業に取り組んでいるという。

ただ、ミサイル自体の画像を加工した形跡はないことなどから、マクドウェル氏は北朝鮮の意図について、「ミサイルが引き立つように背景だけを星空に差し替えたのではないか」との見方を示している。

みんなの反応

北も南も整形せんと息できないの?


ミサイルまで整形するのか。そこまで甘やかしていいのか。


学捜査用のソフトウエアといいながらphotoshopじゃないだろうな。


もう細かいことはいいからやっちゃってくださいw


またまた嘘だらけ!


騙された(騙されたところで実害があまり無い・・・


北のICBMが一時的にでもロシア上空を通ることはほぼないよね!
何故かと言えばアメリカとの間にあるABM条約を担保するためで
冗談を認めないプーチンには流石の北朝癬も触れない!
その結果で軌道はロフテッドしかない!


夜間のロケット打ち上げ写真を撮ったことがある人なら、ロケットと星空を同時に止めて写すことは不可能であることは解ってるはず。
いかに北朝鮮の空が種子島より暗くても無理。


発射可能地点をリストアップされるのが嫌なんだな。つまり、発射可能地点は無数にあるわけではない可能性がある。


金正恩もインスタ映え気になっちゃってるあたりかわいいとこあるやん


たしかに世界中のフォロワーにお披露する写真は綺麗に加工してアップロードしたいよね☆

ファインモールド 1/72 トマホーク 巡航ミサイル プラモデル FP29
ファインモールド (2017-08-11)
売り上げランキング: 15,402

関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(2)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年12月6日 15:59
    返事

    ミサイルなう  

  • 2
    名前:
    名無し
    2017年12月6日 16:43
    返事

    成功なう

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ