ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

鹿児島県瀬戸内町の加計呂麻(かけろま)島で10月31日と今月3日、小型のワニ2匹が相次いで見つかった。同町では43年前にも生きたワニが捕獲された記録があり、専門家は「流木などに乗って東南アジアから流れてきたのでは」と推測。思わぬ『珍客』に住民らは驚いている。

同島於斉(おさい)集落の路上で3日捕獲されたワニは体長約60センチ。午後0時半ごろに車で通りがかった男性が見つけ、警察に通報した。近くに住む仁科博さん(68)は「弱っていたが棒を出すと威嚇してきた。出没した理由が分からないので心配」と話した。

瀬相(せそう)の海岸で見つかった1匹目のワニは体長約60センチ、重さ580グラム。どちらもハブ捕獲用の箱に入れられ、町内の施設に持ち込まれた。於斉のワニは運搬中に死亡した。

みんなの反応

他の島々に漂着して住み着いて繁栄してしまったらまたえらいことになりますね。


日本も適した気候になりつつある


流木に乗ってやってくるとか、、かわいいな。


ワニは海流に乗ってテリトリーを拡げるんです。若いのがデカいのに追われるってことです。一匹二匹じゃないと思います、今のうち駆除が至当です。


渡来人ならぬ渡来ワニ、事故が無くよかった。


にわにはにわ
わにがいました。


異例の10月台風2発の影響でしょうな。


爬虫類って食い溜めするから海に流される直前にたらふく食べてたら2〜3週間は生きそうだからマジかもなぁ


渡ってるときの光景思い浮かべるとなんかかわいいな・・・w


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(2)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年11月4日 18:22
    返事

    ワニ漂流記

  • 2
    名前:
    名無し
    2017年11月4日 18:41
    返事

    東京の下水にもいるしな(刃牙脳

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ