ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

セブン-イレブン・ジャパンなど大手コンビニエンスストアが、貸自転車やコインランドリーといった新しいサービスに相次ぎ乗り出した。競争激化に伴い国内コンビニの既存店客数は11月まで21カ月連続でマイナスを記録。国内市場の成長鈍化が鮮明になる中、各社は集客に向け、異業種との連携に活路を見いだす。

「国内のコンビニはそろそろ飽和状態で、1店舗当たりの売上高は今後、良くて微増だろう」。ファミリーマートを傘下に持つユニー・ファミリーマートホールディングスの高柳浩二社長は、コンビニの現状をこう説明する。

日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した主要コンビニ8社の11月の既存店客数は前年同月比1.1%減と、21カ月連続のマイナス。既存店売上高も6カ月連続で減少した。

客数や売上高の落ち込みに対し、各社は新たな集客策を打ち出す。セブン-イレブンは、ソフトバンクグループと連携し、コンビニ店舗を拠点にした自転車の貸し出しサービスを拡大する。2018年度中に約1000店で計5000台を設置する。

ファミマは家電メーカーのアクアと連携し、コインランドリー事業に参入する。来年3月をめどにコンビニとの併設店を出し、20年2月末までに500店を展開する計画だ。これとは別に、フィットネスジムとの併設店も、来年2月中旬をめどに東京都大田区に1号店をオープンする。

競争が激化する背景には、ドラッグストアの台頭もある。薬だけでなく、これまでコンビニが得意としてきた食品や日用品を多く扱うようになったからだ。

このためローソンは、ドラッグストアのツルハホールディングスと提携し、コンビニとの融合店舗を今後2~3年をめどに100店規模に増やす計画だ。

業界再編が進んだコンビニは全国約5万5000店のうち、セブン-イレブン、ファミマ、ローソンの3強が9割を占める。新規出店の余地が限られる中、さらなる成長には新たなサービスが不可欠になっている。

みんなの反応

コンビニスタッフがコインランドリーや、貸し自転車の管理までするのかしら。ただでさえ業務量が多いのに、さらに大変になりそう。スタッフを確保できるのかな?


客数減は、売上減より深刻な問題。
従業員が外国人ばかりのコンビニより、何故か日本人ばかりで、それなりの接客をしてくれるドラッグストアに喰われるのは当然。


色々持ち込むけど、実際、作業するのは店員の人。…スペースに余裕が有るならレンタサイクルの置き場貸しは良いかなとは思うけど。


今までのコンビニの既存イメージから離れて、町の何でも屋さんになる感じですかね。
時間貸しの更衣室とか作るとよいかも。既にあるかな。


そんなことしなくても過剰に増え過ぎた店舗を適正数にするだけで既存店のオーナーさんや、外国人・若手の労働力に頼れない人手不足が深刻な地方店舗を救うことができる


コンビニの店長さんや店員さんたち、仕事が増える一方だけど大丈夫でしょうか……


何でも取り入れるくらいなら
多種多様な自販機のみ置いたコンビニにすればいいのに
いまどきなら、お菓子や弁当パンの自販機もあるし、日用品も自販機にできるしね
その管理くらいなら最低限の人数でも良いと思うしどうだろう?


異業種と連携したほうがいいのはコンビニに限った話じゃないよね


クレーム殺到しまくりだろうな


コンビニの店員は、何でもやらされるな。
トイレ掃除から何から


最低賃金なのに業務量増やされるとかブラック過ぎない??


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ