ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!

記事によると

9月28日にフジテレビ系で放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」に登場したキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだ・ほもお)」に批判が相次いだことを受けて、フジテレビは公式ホームページに謝罪文を掲載。
「保毛尾田保毛男」はとんねるずの石橋貴明さんが同番組で1988年~1997年にかけて演じていたコントのキャラクター。
濃い青髭、ピンク色のほほ、くぐもった高い声などが特徴。
28日の放送では、共演者と「あんた、ホモなんでしょ?」「ホモでなくて、あくまでも噂なの」などとのやり取りを繰り広げた様子が、セクシャルマイノリティを揶揄し、笑いのネタにしていると批判の対象に。
保毛尾田を登場させた理由について、フジテレビの広報はBuzzFeed Newsの取材に対し、「(30周年を迎えた)番組の歴史を振り返り、番組の人気キャラクターとして登場させたものです」と答えていた。
同社の宮内正喜社長は9月29日の定例会見で、「不快な面をお持ちになった方がいたことは大変遺憾なこと」と謝罪。
公式サイトに掲載された謝罪文では、「このキャラクターが長年に渡り与えていた印象、子供たちへの影響、およびLGBT等をとりまく制度改正や社会状況について私共の認識が極めて不十分であったことを深く反省しております」とお詫びした。
放送倫理検証委員会は、保毛尾田が登場した同番組は「バラエティーの表現の自由の範囲内」だったとして、審議の対象外とすることを10月13日に発表。
記事全文を見る

批判が殺到した場面

みんなの反応

保毛田保毛男の鉄板のネタらしいけど、こうも露骨に「ホモ」という言葉や気持ち悪い的な表現をテレビで放映できるのすごいな。信じられない。


LGBT当事者として こういうホモも周りが美化して見えなくなってるだけで実際居ますよね。 笑えるかどうかはともかく、少なくともLGBTの多様性を考えるとこういうキャラが居ても何も不思議でも差別とも感じません。 「こういうホモが居たっていいよね」と出来ない時点で須く差別かと。


こう言った抗議の結果は「性的少数者には触れてはいけない」と言う認識につながる


確かに色んな人がいて、それを認める社会で有るべき。でも見落としてならないのは、この番組はホモだホモォと言う名前で、ゲイの人達を全部同様に笑いにしてしまっている事。色んな人がいるって言うのが目的ならホモなんて言葉必要ない


コントがどうこうよりも、メディアに関わる人間がこんな認識もなかった事がショック大きい


私の周りのLGBTの方ほとんどが「何騒いでる?キャラでしょ。団体はダメね。総意じゃないわ。」と笑って言ってた。気にする人もいるだろうけど、どうなんだろうね


保毛尾田保毛男、叩かれてるのか。子供の頃、みんな、あのセリフを真似してたけどな。「保毛尾田さんちの保毛尾さんは、ホモなんじゃないかなーって・・あくまでも噂ですので・・」当時はそれで、みんな笑ってたんだよ。


保毛尾田保毛尾に対する抗議はホモの総意でもないし、LGBTの総意でもない。社会の総意として言われてるんだよ!!!という気持ちが私にはあって。賛否両論とは思いますけど、ああいうキャラクターを手放しで放映するような社会で生きていくの僕は怖いと思う。


これは・・・。確かに↑の人が言っているように「触れてはならない」みたいな認識になって腫れ物になるのは良くない流れだと思うけど、明らかに性的少数者を笑いものしている感じがすごいから批判はされても仕方なかったと思うな・・・。
実際LGBTの人達で気にしないという方がいても、傷ついている・不快に感じる人が少しでもいるのであればやっぱり悪だと思っちゃうけどね・・・。


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(2)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年10月16日 18:29
    返事

    昔はおkでも今はアウトみたいな風習
    昔はあほなことやってたけど今はいろいろ放送倫理に反するからダメっていやな時代

  • 2
    名前:
    名無し
    2017年10月16日 18:53
    返事

    まぁなんでもかんでも規制はアホらしいと思う

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ