ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

ホンダは、中国インターネット通販最大手の阿里巴巴(アリババ)集団と、ネットに接続する自動車「コネクテッドカー」を開発する。車に乗ったまま駐車代金を電子決済できる機能などを導入し、世界最大の市場である中国に次世代の車を投入する足がかりにする。

ホンダはアリババ傘下の地図情報大手、高徳軟件(オートナビ)と連携し、コネクテッドカーのサービスを開発する。オートナビは、2015年にカーナビの分野で協業した相手。地図情報をもとに、駐車場やガソリンスタンドでの支払いを車でできる機能を持たせる計画だ。

アリババの関連会社にはほかにも、登録者が5億人を超え、中国の広い地域で普及している決済システム「支付宝(アリペイ)」があり、コネクテッドカーへの活用も想定される。

ホンダは18年に中国で発売する電気自動車(EV)では、IT大手の東軟集団(ニューソフト)と共同開発するなど、新しい技術の導入を巡って現地企業との連携を強化している。

みんなの反応

アリババの技術というより販売チャネル狙いの提携だね。博打感は否めないけど


もう日本の自動車業界は単独で生き残るのは難しいでしょう。
良い悪いは別にして、流れは完全にEV方向


先代の努力と血税で培った技術の流出は避けられない。
終わりの始まりだと思う


ソフトバンクに次はアリババですか…
日本企業と開発や提携は出来ないのか。
ホンダは好きなメーカーなんだが嫌になりそう


何かトロイの木馬でも仕掛けられたら
公用車にはとてもつかえないよーにおもう


辞めた方がいいと思う。
マイナス以外ありえない


技術も財産も全てアリババアに持って行かれる事が確定いたしましたね
残念です


ホンダは昔の見る影ないね。さいなら


このニュースには正直幻滅した。ホンダらしくない


次世代カーに出遅れ感のある本田はこれくらいでないと。失うものもあるだろうけど


生き残る事を考えると、賢明な選択かもしれない。それと並行して、過去に持っていた本田らしさも追求し続けて欲しいな


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2018年1月4日 17:25
    返事

    ホンダも終わりか

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ