ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

 強制わいせつ罪の成立に「性欲を満たす意図」が必要かどうかが争われた刑事裁判の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は29日、性的意図がなくても罪が成立するとの判断を示した。

 一律に意図が必要とした判例を、47年ぶりに変更した。裁判官15人全員一致の意見。

 最高裁は1970年、報復目的で女性を裸にして写真撮影した事件で、強制わいせつ罪の成立には「自分の性欲を刺激させたり、満足させたりする意図」が必要と判示した。

 大法廷はまず、厳罰化や強制性交等罪の新設などを柱とした刑法改正などの流れに触れ、「性犯罪に対する社会の受け止め方の変化を反映したものだ」と指摘した。

 その上で、「今日では、被害者の受けた性的な被害の有無や内容、程度にこそ目を向けるべきだ」と言及。性的意図を成立要件とした従来の判例は「もはや維持しがたい」と結論付け、被告側の上告を棄却した。

 被告は甲府市の男(40)。2015年、女児にわいせつな行為をし、スマートフォンで撮影したとして、強制わいせつや児童買春・ポルノ禁止法違反の罪で起訴された。

 男は「知人から金を借りる条件として撮影データを送るよう要求された」と主張。判例を根拠に、性的意図はなく強制わいせつ罪は成立しないと訴えていた。

 一審神戸地裁は、最高裁判例を「相当ではない」と判断して懲役3年6月の実刑を言い渡し、二審大阪高裁も支持した。

みんなの反応

判例変更の意味は、大きい


「性欲を満たす目的でないわいせつ」は意味不明。「第三者から見てわいせつ」なんて、女性そのものを猥褻物と言っているも同然。脅迫とか別の罪で裁けよ。


今回の判断は、「殺害する意図のない」殺人罪のようなもの。そこに意図があったかどうかで量刑に差をつけていたはず。罰が軽いと感じるなら全体的な厳罰化で対処すべき。


そうか、仕返し目的か。
性的目的の有無は問わないにか。


浮世離れした石頭の裁判官の考えを変えるのに47年か〜


まぁー当然だわな!!!!!!!!


羞恥心をあおる以上当然だね。加害者の主観を問題にする方がおかしい。
故意過失の問題ではない。


児ポ的には完全アウトだな。猥褻の意図については今回の様に証拠があれば意図に関係なく行為で断罪出来るが、証拠の無い痴漢冤罪のケースでも適用されるとしたら考えもんだな


うーん。ホントにそれでいいのかなぁ。意図が関係ないと断ずるのなら、意図的に冤罪に持ってきやすくならないか?だって、意図的じゃなくてもいい事になるんだし。
良いことなんだけど、運用するのが人間だからねー。冤罪が増えない事を願います。


強制わいせつ罪の成立には「性欲を刺激させたり、満足させたりする意図」が必要・・思わず吹き出す。麦価じゃないの。


判例変更ってすごいな。
ていうか47年もかかったのか・・・・・・。


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年12月4日 09:58
    返事

    知人も逮捕だな

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ