ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

 ドラッグストアが食品の品ぞろえを強化し、業績拡大につなげている。日用品や医薬品と合わせ、来店した客が買い物を1カ所で済ませる「ワンストップ」をアピール。スーパーも医薬品コーナーを充実させて対抗。コンビニも含め、業態の垣根を越えた価格競争も激化しており、消費者にとっては選択肢が増えるかたちとなっている。

 冷凍食品、缶ビール、菓子、カップ麺、調味料とずらりと並んだ棚を構えるツルハドラッグ住吉苅田店(大阪市住吉区)。食品売り場は約53平方メートルと、面積では店の1割に満たないが、売上高は3割以上を占めるという。谷垣慶聡店長は「便利な買い物が来店のきっかけになる」と話す。冷蔵管理が厳しい生鮮食品を取り扱う店を設けているチェーンも出てきた。

 都市部では訪日外国人(インバウンド)向けの医薬品や化粧品販売で業績を伸ばしてきたドラッグストア。地方や郊外では地域の事情に合わせた柔軟な商品構成を徹底。日用品とともに食品も同時に買えるスタイルを推し進めてきた。

 経済産業省の商業動態統計によると、平成28年のドラッグストアの「食品」の販売額は1兆4915億円。前年比約1割増で全体の26%を占めた。28年の全体の販売額も前年比6・8%増で、食品拡充に伴う「ワンストップ」が躍進の原動力といえる。

みんなの反応

スーパーは、あまり歩かなくても弁当や1.5ℓジュース、トイレロール、ティッシュ箱、日用品など買えるコンビニゾーンと、長居し辛いカウンター式のフードコートゾーン作ってみては


スーパーよりドラッグストアの方が便利な時代


価格が安くなれば消費者物価も下がる。消費者には物価が安い方が暮らしやすい。安くておいしい商品を提供できる企業がこれからの時代でも人気となりますね。消費者の生活を安定させて暮らしやすい社会を目指す努力をされることを望みます


周囲にスーパーがない住宅街の中に一軒だけあるドラッグストアが脅威の進化を遂げて店舗の半分ぐらいが生鮮食料品もおいてある売り場になったのばおろどきましたね。ドラッグストアとはなんなのか。


近隣のドラックストアは肉、野菜も売るようになった。近所のスーパーは21時閉まるけど、ドラックストアは22時までやってるから助かってる


ドラッグストアの食品…
スーパーは赤字覚悟で激安商品をやってるわけじゃなくて複数商品の利幅を調整して安い商品を作ってるだけ。ドラッグストアの食品が安いのは薬の利幅が高いからなんだよね


家の近くにドラッグストアがあって食品も売ってるのでコンビニはあまり行かない


ドラッグストアで食料品を買うのって罪悪感感じませんか


今のドラッグストアには
冷凍食品も置いてんのね


家の近くにドラッグストア出来て、肉とか野菜とか食品がいっぱい置いてあって、めっちゃテンション上がった


食品も薬も衛生用品も生活には欠かせないからね。
コンビニより薬局安いから取り揃え同じならそっち行くよね


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ