ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

世界的な和食人気の高まりを受け、みその輸出が過去最高ペースで伸びている。財務省の貿易統計によると、2017年の輸出量は11月までの累計で過去最高だった16年同期を7・9%上回る。このままいけば通年で初めて1万5000トンを超える勢いだ。海外での日本食レストランの増加が追い風となっている。国内メーカーは国産原料を使った高級路線を打ち出すほか、イスラム教徒に対応したハラール認証を取得するなど、市場開拓を進める。(田中秀和)

17年の11月までの輸出量は前年同期を1049トン上回る1万4298トン。金額ベースでは同8・6%増の29億7590万円。通年で数量、金額ともに5年連続で過去最高を更新する見込みだ。

主な輸出先は米国や韓国などで、北米とアジア地域が7割。近年は、英国やフランスなど欧州連合(EU)や、中東にも市場が広がっている。

堅調な輸出を後押しするのは、海外での日本食ブームだ。農水省によると、17年10月現在、国外の日本食レストランの店舗数は約11万8000店。前回の15年調査から3割増え、アジアや北米、EUでの出店が多くなっている。全国味噌(みそ)工業協同組合連合会は「みその輸出量は日本食レストランの増加に連動している」とみる。

日本産みそは、原料の大豆に輸入品を使うことも少なくない。その中で、国産を使ったこだわり製品で販路を切り開く動きが出てきた。2000年から輸出を始めたヤマト醤油(しょうゆ)味噌(金沢市)は石川県産を使って北米やEUに売り込む。

米国や香港を中心に20カ国以上で販売する西京味噌(京都市)は、13年から海外での営業を本格化した。16年の輸出量は前年比2割増え、17年も好調だ。原料の一部に国産米を使用するなど素材へのこだわりも訴求し、「高級レストランなどからの注文が多くなっている」(同社)。

イスラム圏での市場開拓も加速する。長野県下諏訪町のひかり味噌は12年にみそ業界初となるハラール認証を取得。酒精を使わない独自製法でアジアや中東に仕向ける。16年度の輸出額は、認証商品の発売当初より3・6倍に拡大。日本食レストランなどへの販売をきっかけに「現地の一般家庭への普及を進めたい」と展望する。

全国味噌工業協同組合連合会は「日本食レストランの出店地域の拡大など、和食文化の広がりによって、みその輸出量は今後も伸び続ける」と期待している。

みんなの反応

良い話に聞こえているんですが、一部の上澄みの話です。
今の問題は、原材料を生産する農家が年々減っている事です。日本の農地は余っている状況で、なければ作るでなく、買えばいいという意識が強くなっている感じがします


メディアが騒ぐほど、本当に海外で日本食が人気なのだろうか?


まだまだブームとは言えないよ。和食レストランや鮨屋が増えているからで、個人の家で消費するようなものではない


でも、大豆のほとんどは、輸入に頼ってるんでしょ!!


人気が出ると、又朝鮮人が起源を言い出すので
皆さんしっかりして下さい


味噌は輸出するが、大豆は輸入品かも知れませんね。
狭い国土でなんでもとれるわけじゃないし、
それでいいでしょう


キッコーマンだったか、輸出が生産量の半分を超えたんだとか。いい話です。


そのうち金の匂いを嗅ぎつけて中国、韓国が模倣した粗悪店を出店してくるのは間違いない


海外の日本食やって、ほとんど中国人か韓国人が経営しているから、
味噌も本格的なものじゃなくて、にわか仕込みのなんちゃって味噌が多い


日本食の原材料の大半は外国産です


あんまり日本食が世界的に評価されると
「日本食は我が国が起源」
とか言い出す半島が出て来そうでアレだな


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2018年1月9日 09:15
    返事

    味噌汁考えた人と握手したい

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ