ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

情報処理推進機構(IPA)は12月25日、データで扱える漢字として約6万文字の国際規格化が完了したと発表した。これにより、複数の規格に依存していた常用外の漢字を、統一的な文字コードで扱えるようになる。これまで一貫的なデータのやりとりが難しかった人名用の異体字をカバーし、電子行政用のシステム構築や運用効率、利便性が大きく向上することが期待されるという。

 日本では、1978年に約6000種の文字コードを初めて策定した。しかし6000種では人名や地名の表記には不足していたため、工業規格、戸籍の電算化、住民台帳それぞれの立場で独立に文字種の拡張が進んでいった。

 個別に拡張が進むことで相互運用が難しくなることを懸念し、経済産業省は02年に戸籍や住民基本台帳などで必要となる文字の調査を開始、09年に約6万文字という調査結果を得た。これら6万文字の文字コードやデータベースなどの開発をIPAが進め、17年12月22日に発行された、文字コードの国際規格である「ISO/IEC 10646」の最新版に反映されたという。漢字の統一規格化の調査から完了まで、15年間に渡る事業となった。

みんなの反応

ようやくというべきでしょうか。
よくやったとねぎらうべきでしょうね。


普通に凄いことと思う。


トロンも絶滅状態でしょうから助かる人も多いのでは・・・


日本のシステムは全角2バイト半角1バイトの固定長って言う縛りが結構あるからデータ管理が大変になりそう。


グリフだけでなく、グリフ格納のコードポイントの調整、外字領域への割り当ては人間業とは思えません。


ここまでだいぶ時間が掛かったと思う。


これって、国内規格?
簡体字とかは別?


フォントデータサイズが大変なことになりそう


扱えるようになっても、フォントはすぐに追い付かないでしょう。不足分の漢字フォントを作らないと駄目だけれど、膨大な漢字データをフォントにするのは相当大変。結局、明朝とゴシックだけだろうなぁと思います。


漢字が複雑過ぎるってのも色々問題


というか漢字多すぎでは…?


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年12月27日 19:37
    返事

    そんなにいる!?

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ