ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!

記事によると

縄文時代の新たな文化をひもとくかぎになるかもしれません。道南の木古内町で顔が描かれた石の加工品が全国で初めて発掘されました。

大事そうに箱に入れられた三角形の石。
10月19日函館江差自動車道の建設地の調査で約4300年前、縄文時代中期の竪穴住居跡を覆う土の中から見つかりました。

一辺が約12センチの三角形で、厚さは1・4センチ。
砥石のようなもので加工された石に顔料で人の顔が描かれています。
調査をする北海道埋蔵文化財センターによりますと、石の加工品は土偶などと同じように祭りや儀式などで使われていた可能性があるということです。
今後約5年かけて調査・分析をするということで、縄文時代の精神文化をひもとくかぎになるかもしれません。

みんなの反応

顔をかくなんて発想が縄文時代にあったのか


建設の調査でそんなんでてきたらびっくりぽんだな


顔は初めてなのか


これ出てきちゃったらもう工事できなくなるんかな?


ンエエエ!!??((((;゚Д゚))))
こりゃ調査員びっくりしただろうな…


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ