ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

小学館の小学生向けマンガ雑誌「小学8年生」の最新号で安倍晋三首相の人物伝を掲載したところ、「一国の総理を貶めている」「難病を茶化している」と激しい批判の声が上がった。

この騒ぎに驚いた同誌の編集長が公式ツイッターで弁明をしたのだが、火に油を注ぐ形になりツイッターは「大炎上」を続けている。

「じつは おなかが イタくて…」

問題のマンガは2017年9月28日発売の「小学8年生」第4号に掲載された「まんがで読む人物伝」。
子供の頃の首相が「プリーン プリンくれ~」などと叫び声を上げる描写から始まり、刑事ドラマを見て刑事になりたいという普通の少年だった、といった説明が付いた。
最も問題となったのは07年7月に参院選で大敗してほどなくの話。

「突然ですが総理ヤメます」
と語り、入院しベッドに横たわっている首相が、

「じつは おなかが イタくて…」
と口にするシーンが描かれた。
そのシーンの説明は、1年後に潰瘍性大腸炎という難病にかかっていたことを告白した、となっている。
マンガを担当したのは藤波俊彦さんで、アメコミ風のド派手なギャグマンガタッチになっている。

これに対しネット上で批判が殺到し、

「子持ちの主婦です。これは過度な個人攻撃であり、完全なイジメマンガです。こんなひどいもの載せて心が痛みませんか?」
「子供に教育の延長で読ませるものじゃないですよね 病気の人を軽く見てたり……それが、真実なら良いのか?それでイジメになっても構わないのか?って話にもなりますよね」
「息子に買い与えた小学8年生を見て愕然としてしまいました。 韓国の反日教育の教科書を見ているようでした」
「普通は発売しませんよ。今から回収するべきです」
などといったことがツイッターや掲示板に書き込まれた。

全文を読む

みんなの反応

小学生の漫画にまで自分の思想を反映させるとか、サヨクって気持ち悪いなぁと改めて思ったわ
普通にヘイトスピーチだし出版社として責任取れよ小学館


まあ、胃がんが進行して全身に転移しても体が痛くて……ってなるよね
死ねよ小学館、親父は胃がんで死んだけど痛みで苦しんだよ


安倍を揶揄してるだけなんだから良いじゃん


子供向けの本に、どんな政治的思想を紛れ込ませているかわからんからな。
小学館の本は、子供に与えられないわ。


で、いつ安倍が子供のころにプリンくれって言ったんだ?
で、いつ安倍がベットに横たわって辞めると言ったんだよ
三宅やナベツネが麻生の陰謀って言いふらしてたから、
仕方なく否定するために会見を開いて病名を明かしたんじゃねーか
嘘ばらまいて麻生の選挙妨害しようとした三宅やナベツネ、片山さつきは当時散々叩かれてた


下品な風刺です、小学8年生とはそういう雑誌ですと開き直れば良かったのにw


そもそも安倍は難病でなくて
ただの神経性腸炎なんだけどな


もっとアンダーグラウンドな本だったら許されただろうけど、小学館には良識がない。


完全に機関紙で草
漫画家の意思なのかプロット描いてる奴が他にいるのか


え?
この漫画何も間違ってないじゃん
安部マンセーカルト集団怖っ


小学館ってすごい攻めるんだなっ・・・っていうのが率直な感想です


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年10月16日 13:34
    返事

    教育ですかそうですか

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ