ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!

記事によると

 男女格差(ジェンダーギャップ)の大きさを国別に順位付けした「世界経済フォーラム」の報告書が2日付で公表され、日本は144カ国中114位と、前年より三つ順位を下げた。主要7カ国(G7)では今年も最下位だった。

経済、政治、教育、健康の4分野14項目で、男女平等の度合いを指数化し、順位を決める。

日本がひときわ出遅れているのが、政治分野での男女平等だ。123位で、前年の103位から後退した。女性国会議員の割合▽女性閣僚の割合▽過去50年間の女性国家元首の在任年数の3項目で評価する。

女性議員は1日現在、衆院で47人(10・1%)、参院で50人(20・7%)。地方議会も昨年末時点で12・6%にとどまる。先月の衆院選では、女性候補者の割合は17・7%と過去最高だったが、当選者は前回から2人増えただけ。朝日新聞の調べでは、女性が参政権を得て初めての衆院選(1946年4月)から、選挙区で女性議員が1人も誕生していない県は青森、富山、山口、香川、高知、佐賀、大分、鹿児島の8県ある。

海外では、候補者や議席の一定割合を女性に割り当てるクオータ制を導入する国もあり、女性議員が増加。カナダやフランス、ノルウェーなどは内閣が男女半々だ。日本でも今年、候補者数をできる限り男女均等にするよう政党に求める法案が各党で合意されたが、国会の混乱や衆院解散で廃案に。1日に発足した新内閣は全員再任で、女性閣僚は2人だ。

女性議員が増えない背景には、選挙制度や政党の姿勢に加え、候補者を選ぶ政党の地方組織や地域社会が「男性中心」ということもある。

内閣府が2015年、全国の20~60代の男女2万3500人に行った調査では、自治会・町内会長は「男性と決まっている」、または「男性がなることが多い」と答えた人は45・6%。「女性と決まっている」「女性がなることが多い」は0・9%だった。

みんなの反応

うーん、インドより劣っているのか。


男女差別なんてある?女性はなんだかんだ男性に保護されることを望んでる気がするな。
専業主婦になりたい女性は多いし、私も子ども大きくなったら働こうと思ってるけどバリバリ働きたいと思わない。寄生虫って言われちゃうかもだけど。
権利として与えられてるけど使う人が少ないってだけな気がする


参政権、被参政権がないというなら差別だが。変な逆差別で数だけ女性議員増やしても仕方ないのでは。ヒラリーも小池も(ガラスの天井)を敗因として挙げているけど違和感あるわ。


あくまでも平等にチャンスを与えればよいのであってあまり数字ばかりにとらわれるのは女性にもよくない。


男女平等ランキングが下位なのに少子化が進んでるなんてこの国頭おかしい。


離婚後の親権とかモロに女尊男卑。


その一方、女性専用車両やレディースデイなどのジェンダーフリーの意義を勘違いし、片寄ったサービスを平等と思い込み、女性というだけで神輿に担がれないと差別と怒鳴るモンスターが跋扈するジャパン


ご高齢の政治家の方々のご勇退が若い芽を育て女性がもっと活躍できる政界になるのではないでしょうか


強大な権力を持ち選挙をはじめ世論を左右するマスコミ各社の女性比率とかを率先して開示するような工夫が必要では


この記事自体が偏見の塊じゃねぇか。
政治界なんて特異なものを持ち出しても参考にならないでしょ。そもそも政治家志望者の男女比自体に差があるだろうに。
もっと一般的で参考になるものを挙げろよ。高卒大卒の男女比が30年前と比べてどう変化してきているか、とか。


この反応が答えでは


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ