ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!

記事によると

「ソフト麺の存在は、大人になってから知った」(京都府・30代=不明)

と、地域によってはなじみがない人も。業界をよく知る大手ソフト麺業者の社長はこう語る。

「西日本はもともとソフト麺を給食に採用していた県は少なかった。どちらかというと愛知以東という印象です」

だが、将来的にソフト麺の存在や味を知る子どもの数は、さらに減少するかもしれない……。

「学校給食でのソフト麺は減りつつあります。愛知県を例にすると、学校給食での麺食(年間約1000万食)のうち、ソフト麺は約38%。残りはうどんや中華麺、きしめんなどです」(前出の社長、以下同)

この状況を米飯給食の推奨が後押しする。

「平成21年に、文部科学省が出した『学校における米飯給食の推進について』の影響は大きいです。“週3、もしくは週4回、米飯給食にしましょう”というお達しです。

学校給食は週5回。そのうち4回が米食で、残りの1回を麺とパンで分け合っているわけです。すでに新潟市では、米飯給食が週4.5回だと聞いています」(前出の社長)

全国に先駆け、1965年にソフト麺を学校給食に採用したのは東京都だが、

2年前にソフト麺は“規格品”からはずれました

と話すのは、東京都学校給食麺協同組合の理事。

各都道府県には学校給食会があり、そこで規格品として登録された主食は、各学校に安定的に供給される仕組みになっている。

「最近の東京都だと、ソフト麺は学校給食週間のときに“懐かしのメニュー”として注文が入るだけですね」(前出の理事、以下同)

ソフト麺は配膳される当日に、40分かけて90度の蒸気殺菌を行い、ホカホカの状態で学校に午前中に納入される。ほかの麺に比べて手間がかかるのだ。

「年じゅう注文があるなら問題ありませんが、その1週間だけのために、どれだけの業者がソフト麺のための設備を持っていられるか……。なかには注文を受けられない業者も出てきたので、1度、規格品からはずそうということになったんです。ソフト麺をはずしても、東京都の規格品の麺は15種類ある。バリエーションは多いんです」

少子化で児童・生徒の数は減っている。学校給食から撤退したり、廃業したりする麺業者も現れ始めた。

「昔は自分の周りの学校だけ受け持っていればよかったんですが、今は“越境”状態の注文も受けています。練馬区の業者が、世田谷区も担当するような感じですね。作ったソフト麺を温めて、20キロくらい離れた学校に午前中に届ける。容器は当日回収。道路も渋滞しますから、大変です」

みんなの反応

ソフト麺なついなあ。


ソフト麺馴染みがない


袋ごと箸で挟んで2つに分けるヤツね。それやってたら箸ブチ折っちゃって先生にマジギレされた思い出。


ソフト麺なんて給食に出なかった。


ソフト麺懐かしい。はじめに半分に分けてから封を切って汁物に入れてほぐしながら食べたなぁ。当時はちっとも美味しいと思わなかったけど給食でしか食べられないから思い出の味。


ソフト麺大好きだった。食べるときは4分割にしておつゆに入れてたなぁ。ミルメークは知らない。


給食には思い出補正がかかりがちで、揚げパンとかおいしかった記憶があるのに大人になって食べたら案外おいしくなくて少しがっかりしたことある。その点ソフト麺は、当時は普通に食べてたと思うんだけど、今あえて食べてみなくても「あれは絶対に今食べたらまずいだろう」と判断できる


え、今の子って給食でソフト麺出ないの??


ソフト麺食べた事ない…。
大阪市内では配給されへんかった。


先割れスプーンもソフト麺もお給食ででたんだけど….私実は、昭和生まれ??


だんだんうどんの汁がなくなるんだよなあ(笑)


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(2)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年10月27日 14:31
    返事

    ソフト麺とミートソースは至高

  • 2
    名前:
    名無し
    2017年10月27日 16:09
    返事

    昔給食で出てたけどつゆがキノコとか嫌いなものばっかで嫌な思い出や

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ