ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

11月も残り2日。12月に入ると一気に年末モードだ。企業にとって12月は従業員への冬のボーナス(賞与、一時金)の支給のほか、取引先への支払いなどがかさむ時期。無事に年が越せるかとヒヤヒヤしている企業経営者や財務・経理担当者もいるだろう。

一般家庭もそうだが企業もカネがなければ極端な話は破綻してしまう。そんな企業の財務健全性を示すのがネットキャッシュだ。現預金と短期保有の有価証券の合計額から、有利子負債と前受金を差し引いて算出する。企業の実質的な手元資金であり、これが多いほど財務的な安全性が高い。

東洋経済オンラインは約3600社に及ぶ上場企業のネットキャッシュを割り出し、上位500社をランキングにした。例年同時期に同じ内容のランキングを公表しており、その最新版となる。それぞれの企業の直近本決算をベースにしている。

みんなの反応

知りたい


1位任天堂か、、、Switchだしたりしたからな


任天堂ってそんなに儲かっとるんか


手元キャッシュの多さとかある意味無能企業ランキングやな


任天堂は無借金経営だから収益なくなったところで当面は潰れないんだよなぁ


これを見て何を感じるのかはあなた次第


内部留保溜め込む企業ランキングやん


JR東日本とかどんなもんなの?


三菱自動車なんかは多すぎてもアカンやろ


ぼくは何を思えばいいんだろう~


任天堂、ソニーとかと比べると無借金経営とかすげえな…


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年11月29日 21:02
    返事

    無借金であそこまで展開できるのは素直にすごいと思う

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ