ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!

記事によると

大阪府阪南市で2009年11月、ドラム缶から元会社社長夫妻の遺体が見つかった事件で、強盗殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けた元建築作業員・鈴木勝明被告(50)に対し、最高裁第3小法廷(戸倉三郎裁判長)は8日、被告の上告を棄却する判決を言い渡した。死刑が確定する。

判決によると、鈴木被告は04年12月、工事で出入りした同府和泉市、浅井建治さん(当時74歳)方の敷地内で、浅井さんと妻きよさん(同73歳)を殺害、腕時計などを奪った。戸倉裁判長は「高齢夫婦の財産を狙って2人の頭部を鈍器で殴打するなど、犯行は冷酷かつ悪質で、死刑はやむを得ない」とした。

被告の犯行を裏付ける物証はなく、裁判で弁護側は無罪を主張。1審・大阪地裁堺支部と2審・大阪高裁の判決は、被告が事件直後に腕時計を換金して借金の返済に充てたことなどから、被告の犯行と認定した。同小法廷も「被告が犯人であることは証明されている」と指摘し、1、2審の判断を「正当」とした。

みんなの反応

人を殺しておいて、自分は死にたくないとごねているアホな奴


被害者だって死にたくないと、命乞いをしていたんだ


分かった。早く執行宜しくね


手口は、残忍さを際立たせるよね。あの凶悪な面構えを含めたら、尚更だよね


一人殺したら死刑。よほどの酌量がない限りそれでいい


被告に同情する訳では無いが、余程の恨みが無い限りこの様に ドラム缶に遺体を詰める事などしないだろう。しかし殺人罪は 恵まれないだろう


日本の裁判や刑の執行は遅過ぎる。もっとペースを早めるべき


執行するまでドラムカンに収監しとけ


本当に不思議なんだが同じ人間なのにどうしてここまで残忍になれるのか・・・


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ