ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

廃棄物処理業大手「倉敷環境」(沖縄市池原)の営業停止により、不法投棄が増えるのではないかと周辺住民が危機感を募らせている。同社周辺では住民から不法投棄の苦情が相次ぐ。行政が描くシナリオとは裏腹に、他の焼却施設への搬入は進んでいないとみており、不信感が広がっている。16日、市内の3自治会が監視パトロールを行った。記者も同行し、不法投棄の現場を確認した。(社会部・伊藤和行)

この記事の他の写真・図を見る

カラーボックス、ビーチェア、ござ、一斗缶…。沖縄市池原と接するうるま市兼箇段の県道沿い。池原地区の自治会顧問外間攻生さん(73)が指さす駐車場には、家庭ごみが散乱していた。外間さんは「昨日はなかったごみがある。倉敷環境の営業停止で不法投棄は増えている」と厳しい表情で言った。

近くには無縁仏の合同墓がある。駐車場脇の階段を下りると、墓の前には自転車が放置され、使用済みのオムツやタイヤなども捨てられていた。外間さんは「県は『受け皿』があると言うが、別の焼却場は遠くて値段が高い。現実が分かっていない」と憤った。

パトロールには、倉敷環境の周辺にある池原区、登川区、知花区の3自治会から計6人が参加。県が同社の産業廃棄物処分業などの許可を取り消した11月20日以降、各区の住民から「不法投棄された」などと苦情が相次ぎ、自主的にパトロールを始めたという。

約2・5キロ南西の知花城跡(沖縄市知花)へ移動した。林道を登ると、茂みの中にばらばらになったエアコンや洗濯機、マットレスなどが捨てられていた。知花自治会の宇良敢会長(57)は「地域行事や祈願をする地元の聖地なのに…」と顔を曇らせる。

約1年前、沖縄市に頼み「不法投棄監視中」の看板を立てた。だが、夜は人通りがほとんどなく「いつまた投棄されるか分からない。悲しいが、監視カメラの設置を考えなければ」と話した。

以前から不法投棄が問題となっている米軍嘉手納弾薬庫知花地区のフェンス沿いを歩いた。あちこちにタイヤや家電製品などが山のように積まれている。ハエがたかる袋には、外国製のソース瓶やアイスクリームカップが詰め込まれていた。「車から投げ捨てていくんだろう」と登川自治会の仲宗根義明会長。「行政に訴えても『ごみは地主が片付けるべきだ』との答え。だから解決しない」とため息をついた。

フェンス内では、マスクをした作業員がショベルカーでがれきを撤去していた。作業員によると、牧港補給地区の倉庫群が移転するため、2カ月前からごみ撤去を請け負っているという。がれきの山に積まれた車や冷蔵庫を見ながら、「まだ奥にたくさんありますよ。終わりが見えません」とあきれ顔で言った。

みんなの反応

海は守るが、山は知らん顔。
プロ市民の皆様の出番


不法投棄が増えるって?ちょっと山の方に行ったら、沖縄は不法投棄だらけだろ!信じられない方は、沖縄にいらした時にレンタカー借りたら山あいの道で崖下を覗いて見ましょう!沖縄県民のモラルの無さがよくわかります


以前、うちの山に冷蔵庫を捨てられたけど、クレーン代とか、自腹でしたよ。
犯人、捕まって、罰金は払った見たいだけど


翁長知事ってもしかしなくても政治家として無能じゃね?


自業自得のひと言で終了
まさか米軍がいるからだとか言わないよね


沖縄だけでなく、これからは地方・限界集落と言われる所にいくらでも
捨てにいきますよ、集配業者が自治体処理料金高いから捨てにゆく
これが現実ですよ・・・水源が汚れます


沖縄には沢山の苦労を押し付ける訳だから、困ってる時には助けてあげましょうよ。
ごみを船に積んで、九州・四国・・本州等で処理をしてあげる。
原発事故の時は、そのネットワークが出来たじゃないですか。
資金は勿論国でしょうね


米軍のごみが~と騒ぐ前に
県民のモラル低下を 指摘したらどうや?


不法投棄が酷い状態から不法投棄を無くすのは難しいだろう。
ごみ収集に改善点があるならは早く改善した方が良いが、不法投棄する人はそれでもする


元々民度が低いし、県政は米軍ばかりに夢中。
そりゃこうなるよ


米軍が捨ててるなら監視カメラつければ良いんじゃない?カメラつけれないのは沖縄県民だから?
それにプロ市民は不法投棄者へ座り込み抗議しないんですか?


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(2)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年12月18日 14:26
    返事

    これは酷い

  • 2
    名前:
    名無し
    2017年12月18日 15:30
    返事

    民度の低さに戦慄

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ