ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

ホリエモンこと堀江貴文さんの発言が波紋を呼んでいる。朝日新聞が10月12日に掲載した「『なんで保育士の給料は低いと思う?』低賃金で負の循環」との記事に同日、「誰でも出来るから」とコメントしたことが発端だ。

堀江氏は、保育士の給料が上がらない理由について事実を述べただけと解説しているが、ネットでは、これを含む一連の発言に対し、賛否が分かれている

現役保育士は賛同「『子どもと遊ぶだけ』の印象を変える努力が必要」

マクロミルが今年4月に発表した調査では、会社員・公務員として働く70人の保育士の平均月収は19万1176円だという。年収は約230万円の計算だ。たしかに低い。

替えが効かない仕事は世の中そんなに多くないが、特定の職種を挙げて「誰にでも出来る」と評価するのは、その職種や就業中の人を貶そうとして使われることがある。そのため、今回の堀江氏の発言を「保育士を馬鹿にしている」と受け止めた人も多かった。

「そんなに言うなら一か月保育士をやってみて」「国家資格が必要だから誰にでも出来るわけじゃない」といったコメントは多々寄せられたが、堀江氏はこうしたコメントを「論点がずれている」「感情論の極みだな」と一蹴する。

また、自身の「誰にでも出来る」発言について後に、リプライに返信する形で補足している。職場環境については「当たり前のこれまでをなんら改善しようとしないからダメなんだよ。例えば壁の装飾とか本当に必要?とかね。IT化も遅れてるしな」と、効率化が進んでいないことを指摘。発言の真意についても、

「誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る(大変かもしれない)仕事だから希少性が低く(コンビニバイトなどと同様に)給料が上がらない構造になっている」

と、説明していた。これには、現役の保育士でSNSでの人気も高い「てぃ先生」が

「私は保育士をしていますがその通りだと思います。資格を持たずとも子育てはできる。一方で、国家資格をとり子どもにあたる保育士がいる。この両者の違いであるはずの『専門性』がオープンでないし、当然世間も認知していない。『子どもと遊ぶだけ』の印象を変える努力が必要」

賛同するコメントを出していた。

昨年は「介護士は誰でも出来る仕事」発言で物議

ネットでは、「ホリエモンの保育士発言に関する批判、まぁ気持ちは分からなくもないけど、論点違くないかと思う」「言っていることは正しい」と、堀江氏を擁護する人もいるほか、「わざわざ炎上させて保育士の低賃金現状を周知させてくれてるの親切~」と、騒動を皮肉る声も聞かれていた。

堀江氏は昨年8月にも、自身のツイッターで「介護士は誰でも出来る仕事だから単価は残念ながら上がらない」と発言し、物議を醸している。

みんなの反応

誰にでも出来るが、する人がいないなら給与が高くなるのが基本じゃないの?
介護でもそうならないからイビツな問題なんだろうなぁ


アニメーターも誰でもできるから安いんだよね


子供いるから、大変な仕事だとは分かってるけど、
それでもまあ小学校以上の教師よりは大変じゃないよね


介護士も保育士も誰でも出来るけどやりたくない


日本は昔からの悪習ってのが多いからな
技術職はもれなく薄給だし
必要無い部署の人間が威張りちらしてたり


犯罪者ホリエモンはあらゆる仕事に向かないだろ


堀江はワザと炎上狙って発言してるから
こいつが何を言っても無視することに限る


誰でもできるって言うのは、望めばなれるってことで
元々その気がない奴は対象じゃないからな


彼らも大変な仕事だし頑張ってるんや
尊敬せなあかん


そりゃあ牢屋に入れば誰でも囚人になれるでしょうよ


これは正論だな
誰でも出来るより誰でもなれる
需要と供給のバランスが悪いからこうなるんだよ


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(4)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年10月17日 11:53
    返事

    この人今堂々と情報商材やってるからなぁ

  • 2
    名前:
    名無し
    2017年10月17日 13:27
    返事

    今日も今日とて炎上芸

  • 3
    名前:
    名無し
    2017年10月17日 13:48
    返事

    まとめブログなんか幼卒でもできるのに儲かってるだろ管理人

  • 4
    名前:
    名無し
    2017年10月18日 20:31
    返事

    誰でもできる仕事が出来ない堀江さん(´・ω・)カワイソス

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ