ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

 北海道沖の千島海溝沿いで、今後30年以内にマグニチュード(M)8・8以上の「超巨大地震」が発生する確率は最大40%とする見解を、政府の地震調査研究推進本部が19日、発表した。東日本大震災に匹敵する規模の地震が「切迫している可能性が高い」として対策を呼びかけている。

地震本部が千島海溝沿いの地震について予測を見直すのは13年ぶり。最新の研究を踏まえ、東日本大震災(M9・0)級の地震の確率について今回初めて検討した。

その結果、十勝沖から択捉島沖までを震源域とするM8・8程度以上の地震が起きる確率は7~40%だった。同規模の地震は平均340~380年ごとに発生し、直近では約400年前に起きたと考えられるという。地震本部は「平均的な間隔の『満期』を超えており、発生が切迫している可能性が高い」としている。

この地震について中央防災会議は2006年時点で、最悪の場合、津波によって北海道で約700人、本州で200人が死亡する被害想定を出しているが、来年にも内閣府が新たな想定を公表する予定。

個別の震源域でも巨大な地震が想定され、根室沖でM7・8~8・5が70%程度と高く、十勝沖でM8・0~8・6が7%としている。

地震本部の平田直・地震調査委員長(東京大教授)は「超巨大地震は強い揺れに見舞われる面積や、津波に襲われる沿岸が広い。東北で起きたような超巨大地震が北海道でも起こる可能性があると考えて備えを見直してほしい」と話している。

みんなの反応

冬だけは 勘弁して!


地震来る来る言われる内は来ないから大丈夫


内陸地震が増え始めると遅くとも100年以内には起きる中央構造線上でも地震が増えてるし
人の時間軸なんて地球からしたら分から秒の間


これって前々から言われてませんでしたっけ?結局日本に住む以上安全な場所は皆無という事ですね


500年サイクルの巨大地震の可能性も範疇に入るそうです。

「地層調査」が海溝型地震の津波の痕跡を。
地層は堆積して過去のデータが得られる。
太平洋沿岸には幾つもの痕跡が規則正しく堆積してるそうです。
標高の低い場所は内陸まで津波が到達してる。

推定高さは20m~30mだそうです。


これ可能性が高いだけでいいのに、40%とかいうどうでもいい数字出す意味あります?


札幌は台風や地震などの災害リスクが少ないとコールセンターやデータセンターを誘致してますが、どうなってしまうでしょう。


防災には限界があります。
個人で減災に勤めましょう。
命を守る!これを1番に!


千島海溝で地震起きた際の津波はどうなるんだ?プレートの位置関係で日本に向かってくる津波の高さとかは影響あるのか?


よう考えたら東日本大震災の震源と同じプレートだから同じような津波がくることになるのか。やばいな


発表されるされないにしろ巨大地震の可能性が常にあって、分かっているのに万全の対策はできないのが苦しい


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年12月20日 12:38
    返事

    濃尾地震も来るとか言われて全然来ないから大丈夫
    地震くるって言われてないところが怖い

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ