ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

イースター島の新たな謎だ。古代の住民の遺骨の遺伝子を分析したところ、南アメリカの住民との接触の痕跡は見つからなかった。これらの人々は、いったいどこからやってきたのだろうか?

陰謀、魔法、魅惑--。これらはチリ領のイースター島を特徴づける要素である。イースター島は、現地語でラパ・ヌイという。南太平洋の小さな孤島で、その巨大なモアイ像で有名だ。

その神秘のオーラに、もう一つ謎のデータが加わろうとしている。ラパ・ヌイの古代の人々のDNAを分析したところ、島に最も近い大陸である南アメリカの住民たちとの繋がりが、少なくとも古い時代においては何も見られなかったのだ。今回の研究の結果は「Current Biology」に掲載されている。

カリフォルニア大学サンタクルーズ校の主導による研究は、同じ雑誌に掲載された過去の証明を否定している。これは反対に、アメリカの住民とイースター島の住民との間に遺伝的接触があったと指摘していた。しかし、この接触の仮説は科学者の間で長く議論の的となっていて、論争はいまも行われている。

みんなの反応

アトランティスの民か


考古学者はいつになったら先入観と定説の混同を反省するのか


は?古代人の造船技術と航海術舐めんなよ


アメリカ大陸も日本人の祖先がベーリング海峡づたいに到着してたしなーw
チリにも島伝いで太平洋越えて到着してたっぽいし、イースター島にも寄ってるだろ


もー、こんな事やってるから日本じゃ
文系学部が減らされるんだよー。


日本人もアフリカ系が多く占めてるんじゃなかったっけ


イースター島へ南米から人が移ってきたなんて説はとっくの昔に否定されてるのに
新たに南米から渡った痕跡でも出たのかと思った
東南アジア方面から徐々に東の島へと居住圏を拡大した先がイースター島
南米とのつながりという点ではむしろ、
その一部が南米まで渡ったかもしれないって説のほうが有力だろうに


南米の島で縄文土器が発見されているしな。
アイヌも含む原日本人がシベリアの沿岸づたいにカナダ、北米を通って南米まで行っていた
可能性も十分高い。北米で発見された7000年前の人骨のDNAは原日本人と一致。


南米っていつ決めつけられたんだろうか・・・


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年11月2日 10:48
    返事

    まともな学者はいないの

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ