ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

英リバプールのノリス・グリーンにあるランワース・スクエア小学校に通うエラ・シングルトンちゃん(9歳)は、自閉症で友達がいない。それは母ジェナさん(32歳)の大きな悩みの種でもあった。しかし学期が終わる前にエラちゃんはクラスメートからクリスマスカードを貰ったようで、とても喜んでいたという。

ところが12月21日、学期が最後となる日に1人のクラスメートがエラちゃんに手渡したクリスマスカードは「エラへ。あなたなんか大嫌い」と記されており、このメッセージを見たエラちゃんは号泣した。

「学校から戻って来て、エラは心ここにあらずという感じでした。そしてすごく機嫌が悪くなり始めたのです。自閉症の子を持つ親なら理解できると思いますが、一旦ぐずるととんでもなく荒れてしまうことが多々あります。エラはこの日、家族に突っかかりました。『みんな私のことなんて大嫌いなのよ。どうやったら私は遠くに行けるの』と言って『死にたい』とまで口にしたのです。」

自身のFacebookにもこのように投稿したジェナさんは、この日の夜にエラちゃんがコートも着ないまま裸足で家の外に飛び出してしまったと話している。その後、偶然荷物の配達に回っていたデリバリー運転手とエラちゃんの祖母がエラちゃんを見つけてなんとかなだめると、エラちゃんは学校で渡されたクリスマスカードのことを話し出した。

心無いクラスメートのメッセージにジェナさんも心を痛めたが、エラちゃんには人は時にとても意地悪になるものと説明しなぐさめた。エラちゃんはこの夏、自分の誕生日パーティに32人のクラスメートを招待したが、来てくれたのはたった1人だけだったという。最近では、エラちゃんは休み時間に校庭で1人で過ごしていると学校側からも報告があったようだ。

ジェナさんは多くのユーザーらから励ましやサポートのメッセージを受け取った。あるレストランからは食事を無料で提供するとオファーがあり、ある男性からはエラちゃんをチェスター動物園に連れて行ってあげるといった申し出まであったという。また、多くの人からジェナさんのアカウントを通してエラちゃんへ素敵なクリスマスメッセージが届けられたようで、ジェナさんは見知らぬ人々の思いやりに感謝の気持ちを述べた。また、テックインサイトの取材にジェマさんはこのように明かしてくれた。

「見知らぬ人々からの温かい言葉に娘は救われたといっていいでしょう。今は私に『ママ、私もう嫌われるって思わないよ』と言ってくれました。今の娘はクリスマスをとても楽しみにしているし、家族も安心しました。」

全文を読む

みんなの反応

日本人の差別やイジメみたいだな
こんなもんじゃないが


虐められた子への慰めより
イジメた子に対しての罰が必要だな


これ渡した子を鑑定したほうが・・
必要なら治療
治療必要ないなら教育してあげないと被害者か加害者になるかもな


小学生の頃にクラスに一人居たが、
まともに意思疎通が出来なかったな。
声を掛けると余所を向くし、回り込むと俯きながら余所を向くし、
先生に報告すると、
自閉症児にだけ気を遣ってナァナァで済ませるし。
最初から養護学級で面倒見とけよと思ったわ。


自閉症の度合いに依るな
興奮したら暴れて意思の疎通が困難になるレベルだったら仲良くできないわ


周囲のガキも、面白がってやってんじゃねの?


優しくねえ…
そういう手合いって誰か一人親切にしてくれる人がいると全力で寄りかかって来るのがなあ
相手の負担や迷惑を一切考慮に入れないからね
その子の親も「ウチの子をよろしくねあなただけが頼りなの」っつって
あれ見るといじめはせんでもお近づきにはなりたくないと思うわ


自閉症の子が嫌いなのはわかる。
でも、こういうことをわざわざやる側の人間は大問題だろ。
ただのイジメだろ、これ。


心無いクラスメートの顔と名前を実名報道すれば良い


クリスマスカード貰ったら喜ぶの判ってて、そのタイミング狙ってやる陰険さ
喜ばせて期待させてから傷つける、それ見て笑ってる屑
どうやったらこんなに性格悪く育つんだろうな


人としてどうなの?っていうやり方だよね。最低極まりないね。胸糞だなー


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ