ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!

記事によると

富士山麓(さんろく)に広がる青木ケ原樹海の観光ツアーの人気が高まっている。溶岩の上に茂る原生林の美しさに関心が集まっているためだ。小説や映画で自殺の舞台に使われるなど、負のイメージを挙げる人も少なくないが、富士山が育んだ深い森は、住民の手によって「観光の名所」へと生まれ変わりつつある。

8月、樹海の北端にある西湖(さいこ)野鳥の森公園(山梨県富士河口湖町)に親子連れら約350人が集まった。山梨県などが毎年開いているウオーキングイベントで、今年初めて県外からも募ったところ、約50人が参加した。

強い日差しが照りつけていたが、樹海に踏み込むと、ひんやりと涼しい。5~10人のグループに分かれた親子連れらは、ガイドの案内でコケに覆われた地面を歩き、高木のアカマツやシキミを眺め、キノコのタマゴタケなどを観察した。

樹海は河口湖など富士五湖のある山梨県側の富士山麓に広がる東京ドーム600個分以上の原生林だ。富士山の溶岩流で形成され、オオルリやキビタキといった渡り鳥もすみかを求めてやって来る。冬季にも民間の旅行会社が散策ツアーを組んでいるほか、地元の観光連盟が散策コースや見どころを紹介している。

樹海のある富士河口湖町は約10年前からネイチャーガイドの育成を始めている。現在、町民ら約30人のガイドが洞窟や原生林を案内している。

担当者によると、当初は年間5000人程度だった観光客が、15年には約1万7000人まで増え、その後も年間1万人台を維持している。

同町の担当者は「歩いてもらえれば原生林の素晴らしさを知ってもらえるはず」と話しており、観光資源としての樹海のPRを今後も続ける予定だ。

みんなの反応

何かが見つかったり何かに取り付かれそうで怖い


山梨か。静岡かはっきりしない


トラックのバイトでよく通った


先輩が中に入ったら出てこれないよと笑ってた
50メートル先に行くと音が吸収されるんだと、道路の車のエンジン音も聞こえなくなる


訪れる人が増えそうだよな・・・


大学生の時に行ったけど、樹が、森が育っていくその過程を感じることができる場所


確かに空気は良さそう。 白骨化遺体には会いたくないけどな


地形の面白い場所でもあるんだよね


荒れるだろうな


怖さを知らんやつはあほ。迷って死んでこい


美しい場所とは分っていてもやはり怖いものを感じてしまう…!!


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ