ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

今年のノーベル文学賞の授賞式がスウェーデンの首都ストックホルムで10日夕(日本時間11日未明)に開かれ、長崎出身の英国人作家、カズオ・イシグロさん(63)に文学賞のメダルと賞状が、カール16世グスタフ国王から授与された。

 上下黒の礼服に身を包んだイシグロさんは笑顔で入場。受賞理由について文学賞の選考に当たったスウェーデン・アカデミーのサラ・ダニウス事務局長は、「新作品を書くたびに推理小説からSF、神話などの要素を織り交ぜてジャンルの融合に取り組み、新境地を開拓し、小説の幅を広げた。20世紀のモダニズムも感じる」と紹介。イシグロさんは舞台中央に進み、メダルなどを受け取り、ファンファーレと大きな拍手が会場に響き渡った。

 イシグロさんの代表作は英ブッカー賞受賞作の「日の名残り」やクローンや臓器提供などをテーマにした「わたしを離さないで」や神話を描いた「忘れられた巨人」だが、「女たちの遠い夏」(日本語版は「遠い山なみの光」)や「浮世の画家」など初期の作品では長崎や日本人など「自分の日本」を描いた。

みんなの反応

受賞して当然ですね。海外作家(日本にルーツが無い人)で、これはと思う人は居たが。


文学賞。「カズオ・イシグロ」さん。”ヘイワ”を何度もスピーチに使う。
(彼は長崎出身の日系イギリス人だが。自らのアイデンティティや母親への思い。そして作品にも滲み出る東洋思想が素晴らしく)


カズオ・イシグロ氏彼の本は読んでいないが会見での内容を聞いていると本当に素晴らしい。文学とは何か、彼のイメージでは全く制限のない自由で身近なものだということが理解できた。それは、短いセンテンスでもよく、それを重ねてもよい。過去の事実を知ってもこだわる事は正義論に陥り対立を生む。


ノーベル賞の授賞式だったんだ。
そういえばカズオ・イシグロの小説、まだ途中までしか読んでない😓
昨日読めばよかったな…。


イシグロさんご本人が日本に気遣いしてくれるのはありがたいけど、マスコミが日本起源をあまり言い過ぎるのはちょっと不快


カズオ・イシグロ氏「感動した」。・・って


カズオ・イシグロって夢はロック・スターだったってホントかしらん?


カズオ・イシグロ単独インタビュー。心のひだが震えたまま一気に読みました。
特に印象的だった言葉が、
「自分が最も誇りを持っていたものや自分の偉業は、実際は自分が恥ずべきことだった」


カズオ・イシグロ氏のスピーチ全文、出来れば日本語で読みたいけどさすがにまだ出てないかなあ…


過去を忘れるか、過去に向き合うか


ICANやサーロー節子さんの受賞と言い、平和関連の受賞が目立つ。
カズオ・イシグロ氏もそこを気にしているようだし、政府も気にかけてほしい。


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年12月12日 13:47
    返事

    忘れられる過去の核

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ