ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

そう話す70代の男性が通う東京都立墨東病院は、墨田、江東、江戸川3区で唯一の救命救急センターを備える、東京都東部地区の中核病院だ。外来患者は1日平均約1400人。病院の外来入り口から緩いスロープを30メートルほど歩くと、細い道を挟んだ向かいに6店の薬局が目に入る。

■目につく違いは看板の色ぐらい

「処方せん受付」「保険薬局」・・・・・・、掲げている内容はどこも同じで、目につく違いは看板の色ぐらいだ。男性は横断歩道をわたってすぐの、病院正門から最も近い薬局に入ったが、ひとえに「近さ」がここを選んだ理由だという。正門真正面の2店の薬局は、5~15人ぐらいの患者で待合室は満席が続いていた。他方で、少し奥まった立地だと、まばらな客入りの薬局もあった。

同じ薬局から出てきた70代の女性は病院への不満を募らせていた。「もう何年も通っているが、いつも処方箋をもらって薬局に行って、また会計で病院に戻るなど、行ったり来たりの繰り返しで疲れる。なぜ病院で全部済ませてくれないのかと、ずっと思っている」。

病院内にはこう掲示されている。「当院では厚生労働省が推進する医薬分業に沿い、原則、すべての外来患者さんに院外処方箋を発行し、お薬を院外の保険薬局でお受け取り頂いております」。

現在、日本全国の薬局数は約5万8000店。病院などとは異なり薬局の開設許可には需給面からの規制がなく、右肩上がりで増加している。同じく伸長しているコンビニの店舗数(約5万4000店)より多く、ガソリンスタンド(約3万2000店)や郵便局(約2万4000店)といった社会インフラをはるかに凌駕している。

みんなの反応

たしかに薬局なんてどこも同じだと思ってるから近いとこ利用するわな


ヒルドイドくらい、普通に売れ


アホみたいに薬剤師を増やした結果だ。


薬局の窓口に処方箋を渡すときに
【薬学管理は不要です】と一言付け加えると
1回につき120円ほどの自己負担が減ります。
お薬手帳はいりませんも効果的。


かかりつけ薬局って言葉が出た時はホント、椅子から転げ落ちそうのなった


お医者さんもバンバン薬出してくれるしねぇ


薬局の経営母体がジェネリック薬の開発企業で、処方される薬の大半が系列薬
薬剤師に「どこの国でつくってるのですか?」と聞いても、それを告知する義務が無いと逃げる
中国産とかインド産原料で作っていたら、いつか悲惨な薬害が発生しそうで怖いのだが
患者には選ぶ権利が無い


医者も薬局も無駄に金取りすぎ
家族性高脂血症で、
いつも同じ薬、同じ状態なのに薬学管理とかwww
そんなの、数字見て自分で判断できるわwww


技術料というなのぼったくり


すべて利権癒着 間違いない


薬局って儲かるらしいからね
コンビニよりは安定感ありそう


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(2)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年11月7日 10:43
    返事

    実家は1キロ圏内で記憶がただしければ4個は最低でもあるわwww

  • 2
    名前:
    名無し
    2017年11月7日 15:13
    返事

    地方の薬局出来過ぎ感半端ない
    スーパーより安いものもあるから需要あるみたいらしいけど

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ