ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

【AFP=時事】米中西部カンザス(Kansas)州カンザスシティー(Kansas City)の美術館で、巨匠ビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)の絵画を顕微鏡で調べていた絵画修復の専門家が、思わぬ「侵入者」を発見した──ゴッホ特有の渦巻き模様の中に128年間も閉じ込められていた1匹のバッタだ。

バッタを発見したのはネルソン・アトキンス美術館(Nelson-Atkins Museum of Art)の美術修復員、メアリー・シェーファー(Mary Schafer)氏。「オリーブの木々(Olive Trees)」と題された作品を調べていたところ、下側の表面に乾燥した小さな茶色い虫の死骸を発見した。

同氏はAFPの取材に対し「この絵のさまざまな層や構成などについて理解しようとしていたところ、この小さなバッタの体の一部を見つけた」と説明した。

今週発表されたこの発見は、砂ぼこりや草、昆虫が飛んでくるほど風の強い日でも戸外で絵を描くことを好んだゴッホの習慣を反映している。

ゴッホは1885年、弟のテオ(Theo van Gogh)に宛てた手紙に「君が受け取る4つのキャンバスに、優に100匹以上のハエをつかまえたはずだ。もちろんほこりや砂も」としたためている。

だが、バッタを死なせたのはゴッホではなかった。カンザス大学(University of Kansas)の古昆虫学者マイケル・エンゲル(Michael Engel)氏は美術館員らに対し、バッタの死骸には胸部と腹部がなく、その周囲の絵の具が動いた形跡もないことから、キャンバスに付着したときバッタはすでに死んでいたとみられると説明したという。

「オリーブの木々」はゴッホが1889年、フランス南部サン・レミ・ド・プロバンス(Saint-Remy-de-Provence)の精神科病院に入院中に完成させた18点前後の作品シリーズの一つ。ゴッホはこの翌年に亡くなった。

みんなの反応

隠し絵みたいなものかと思ったよ


つまり、
バッタ物の作品って事か


ジョジョみたいなの想像してたのに


初めから死んでたなら、意図してバッタの死体を塗りこめた可能性もある


ゴッホも浮世絵のファンだったな
日本のバッタかも


このバッタは取り除かれること無く、今後もこのままなのかな?


バッタの死骸をわざと絵に塗り込めたのかなあ。何か意図があったのかなあ


現在では異物混入は大騒ぎになりますね。。


これは感慨深い
虫も一つの作品として成り立っていた
それが虫と認識されずとも陰影や色の濃淡に影響はあったのだから
素晴らしい


贋作防止のためにゴッホが付けていたんだよ、きっと


こういうのも含めてアートだよね!
バッタを絵に塗り込んで本物である証拠にしたんだなきっと…


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(2)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年11月9日 15:52
    返事

    バッタって昔からいるんだな…当たり前だけど

  • 2
    名前:
    名無し
    2017年11月9日 20:23
    返事

    バッタの気持ちも考えて

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ