ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

人の生き血をすする吸血鬼のうわさで持ちきりになっているのはマラウイ南部の4つの地域だが、殺害事件が相次いでいるのはモザンビークとの国境に近いムランジェ(Mulanje)だ。

警察によると、ムタリカ大統領の地元チョロ(Thyolo)で9日、怒った群衆に男性1人が殺害される事件が発生し、7人目の犠牲者となった。

地元警察のロイド・マイダ(Lloyd Maida)報道官によると、7人目の犠牲者となった知的障害の男性は夜間に村を徘徊(はいかい)しているところを自警団に見つかり、精神的な病を抱えているふりをしていると疑われてリンチされた。

魔術が広く信仰され、教育水準の低いマラウイでは、「吸血鬼」のうわさが定期的に持ち上がっている。

みんなの反応

いまだに、呪術的な宗教とかありそうだな。


狂犬病みたいなウイルスに感染してる人たちが
噛み付きまわってるんじゃ……パンデミック!


吸血鬼がいないと誰が証明できるのか


魔女狩りかな?


日本でさえ、インチキ宗教にドハマりして独自のイカれた民間療法で患者を殺す連中がいるからな


21世紀やぞ


なんか土人って凄いなあw


吸血鬼の存在は証明出来ないが土人の存在は証明出来るな


それがその国その地域では正しいなら,
周りがとやかく言う事じゃないんじゃない?


blood+かよ


時代錯誤過ぎるだろ・・・21世紀だぜ?


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(3)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年10月11日 16:45
    返事

    自警団のほうが吸血鬼よりひどいことしてるよな

  • 2
    名前:
    名無し
    2017年10月11日 18:59
    返事

    これ自警団も怖くね?

  • 3
    名前:
    名無し
    2017年10月12日 14:39
    返事

    だれかもっと知能上げてやってくれよ

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ