ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!

記事によると

インド洋の島しょ国モルディブのメディアは今月、過激派組織「イスラム国」(IS)のモルディブ人の男2人が首都マレで自爆テロを計画していたと伝えた。2人は9月に拘束されており、テロ計画の日程や場所など詳細は明らかになっていない。リゾート地として知られるモルディブは「地上の楽園」などと呼ばれ、日本人観光客にも人気が高い。

ロイター通信によると、2人は20代。英国が旅行者向けに「モルディブでテロが起きる可能性がある」との情報を出した後、9月にモルディブ当局が2人を拘束したという。

米シンクタンク「ソウファン・グループ」の資料によると、モルディブからは約200人が2015年5月までにシリアやイラクに渡ったとされる。両国で支配地域を失ったIS戦闘員は世界各国に逃亡しており、モルディブのような観光立国もISの帰還に警戒を強めている。モルディブは人口約40万人で、国民の大半はイスラム教スンニ派。07年9月にはマレの公園で手製爆弾による爆発があり、日本人2人を含む外国人観光客12人が負傷した。

みんなの反応

えっ、美しいあの “夢の島” モルディブが自爆テロの標的に!?


ショック…Maldives大好きなのに…


モルディブでテロはやめてよ


ひとり者が行くところではないイメージの国


モルディブのテロ、確かにコスパ高いよな…観光客消えたら一瞬で干上がりそう…


世界的な観光地なのに…


モルディブはシンガポール在住邦人の間でも人気の旅行先


事前に拘束できてよかったが、もし実行していたらと思うと恐ろしい・・・


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年11月27日 14:21
    返事

    よく拘束できたな 有能

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ