ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

オランダ・ハーグの旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(ICTY)で29日、1992~95年のボスニア・ヘルツェゴビナ内戦での残虐行為の罪に問われていた元クロアチア系軍事組織司令官のスロボダン・プラリヤック(Slobodan Praljak)被告(72)が、禁錮20年の判決を言い渡された直後、判事らの目前で毒とみられる液体を飲み、自殺した。

プラリヤック被告は判決後、怒りをあらわに「プラリヤックは犯罪者ではない。判決を拒否する」と叫ぶと、茶色のガラスの小瓶を口元へと持ち上げ、中身を口の中へ注いだ。

被告の弁護人は「私の依頼人は、毒を飲んだと言っている」と叫び、公判は中断。法廷関係者によると、被告は現場で手当てを受けた後、病院に搬送されたが、死亡が確認された。

ICTYの公判は厳重な警備の下で行われており、すべての被告や傍聴人に対して厳しい所持品検査がある。同被告がどのように小瓶を法廷に持ち込んだかは分かっていない。

クロアチアのアンドレイ・プレンコビッチ(Andrej Plenkovic)首相は、プラリヤック被告の行動は、クロアチア系ボスニア人、クロアチア人の被告らに対するICTYの「深い道徳上の不当性」を示していると非難し、被告に対する追悼の意を表明した。

ICTYでの被告人自殺は今回が初めてではなく、1998年と2006年にもクロアチア系セルビア人の被告が勾留施設で自殺している

みんなの反応

誰が毒物を渡したんだろう?


戦争絡みの裁判はだいたい信用ならないからなー
本当のところはどこにあるのやら


残虐行為ってジェノサイドのことか。
死して罪を償う訳ではなく抗議の服毒死か…


勝てば官軍、負ければ地獄
真相はどうであれこれで終わりなんでしょうね


日本の極東軍事裁判と同じで一方的な判決もあるんじゃないか?


なぜ毒物を所持できたのかが疑問でしかない


裁判もある意味戦争。


これで、少なくともボスニア内戦が再紛争の懸念が起きる


誰が悪いのか分からない。
21世紀になっても人類は争いばかり。人工知能が人類は滅ぶべきだと言っていましたが、それはある意味正しい


戦争中は皆が犯罪者
そうなってしまうから、戦争はしてはならない


所持品検査があるのによく毒物を持ち込めたな…
リアリティが無くて映画の世界みたい…正に事実は小説より奇なりだな


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年12月1日 15:05
    返事

    この写真毒飲む前ってマジ?

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ