ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

今秋ネットオークションに出品され話題になっていた旧日本陸軍の戦闘機「飛燕(ひえん)」を、岡山県倉敷市でオートバイ部品の製造販売会社を経営する武浩さん(53)が落札、30日に納品された。太平洋戦争の南方戦線で任務中に胴体着陸したらしく、主翼や胴部が大きく破損しているが、エンジンなど機体のほとんどが残された状態で、武さんは七十数年ぶりに“帰国”した機体を前に「自分たちの手で復元し、いつか多くの人に見てほしい」と意気込んでいる。

機体はパプアニューギニアのジャングルで発見され、1970年代にオーストラリアのコレクターが入手した。今年10月、愛媛県の代理人を介して「ヤフーオークション」に出品。川崎重工業製オートバイのレストア(復元)やドレスアップを手掛ける武さんが、原点ともいえる川崎航空機工業(現川崎重工業)が開発した「飛燕」を「何とか日本に戻したい」と入札。1500万円で落札した。

旧日本陸軍の戦闘機「飛燕」落札 岡山・倉敷の男性「復元したい」
旧日本陸軍の三式戦闘機「飛燕」(川崎重工業提供)
国内に現存する「飛燕」は他に、日本航空協会(東京)が所有する1機のみで、経済産業省の近代化産業遺産群に認定されている。同機を収蔵する「かかみがはら航空宇宙科学博物館」(岐阜県各務原市)によると、当時の日本では数少ない液冷エンジンを搭載した軍用機で、零式艦上戦闘機(ゼロ戦)などの空冷エンジン搭載機に比べ、スマートで流麗なデザインが特徴という。同博物館の島崎芳雄学芸員は「貴重な機体が日本に戻るのは喜ばしい」と歓迎する。

機体は30日、コンテナに収められて倉敷に到着。武さんは今後、オートバイでの経験を生かして復元に取り組む。「日本の機械技術の歴史を伝える“証人”として憧れの存在だった。かつての姿を取り戻したい」と話している。

みんなの反応

岡山に来るんだ
これから綺麗にしてもらってください


零戦も良いけどやっぱり飛燕でしょう!!


確か飛燕は川崎重工業製ではなかったか


ネタやなかったんや…すげぇ


意外と安く買ったのね輸送費高そうだけど


その時までまだまだ時間はかかるだろうがこれは国家的なプロジェクトだ


すげぇ!! 倉敷で飛燕が見れるようになるんか!?


戦争の遺品を後世の我々また私達の子供たち孫たちに伝え続ける為にも貴重な事だと思います


単にメカとして関心が強いのか、それとも「愛国者」なのか。どちらにしても、戦闘機の資料は軍事機密だろうから復元は大変だろうね


ドレミコレクションが落札してたのか!


ヤフオクに出てたアレだ!
ネタで出品されてるのかと思ってたわw
飛燕が復元されたら見に行きたいので頑張ってください!


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ