ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

東京・池袋のサンシャイン水族館は8日、大型水槽「サンシャインラグーン」で魚類1235匹が死んだと発表した。この水槽で飼育している生物の94%に当たり、酸欠が原因とみている。9日も予定を一部変更し、通常通り営業する。生き延びたのはトラフザメ、ヒョウモンオトメエイなど23種類73匹だけだった。

同水族館によると、7日午前に、一部の生き物の治療として薬品を投入。効果を高めるため、空気の泡を使ってゴミやフンを取り除く装置を止めた。別の装置で酸素は供給し、同日夜まで経過を観察していたが、8日朝に警備員が大量に死んでいるのを見つけた。水槽をシートで覆い、予定していた水中パフォーマンス、エサやり、探検ガイドツアーなどを中止した。

魚が死んだ水槽は同水族館最大の大きさで、2011年8月に改装した際に導入。温暖で比較的浅い海中を再現した。最大水深は2・5メートル、水量は240トン。厚さ13センチで3枚のアクリルパネルで覆われている。白い砂を敷き、光を調整するなど幻想的な雰囲気を演出している。

みんなの反応

亡くなった魚達にはかわいそうなことをしてしまった。
金額的な被害よりスタッフの教育は大丈夫かが心配。


プロテインスキマー止めちゃったのね。
海水魚飼ってる人なら何が起こるかわかるはずだけどなぁ


窒息死とはかわいそうに…。初歩的すぎるミスだ、そもそもまともな飼育環境だったのか疑問が残る…


ミスで済む問題ではない。営業停止。命を預かる体制に無い。


ライブ感や演出を重視して、生命の尊さを軽くみた結果だな


イレギュラーなことをした日くらい、24時間体制で水槽を見守るような措置を取るべきだと思います。生き物を扱う人にしては、意識が低いと言わざるを得ない。


この手の事故は結構聞くけど
成分の濃度を監視して異常があったらアラームとかできないの?


空前絶後の超絶怒涛の酸欠事故


警備員が発見とか、ふざけんなと思う。こういうスタッフのやる気のなさが、今回の大量死の最大の原因。


飼われていた魚たち・・・苦しかっただろうに


プロとしては恥ずかしいですな
前に一回行ったことあるけど真夏の外にアルパカとカワウソがポツンと居て可哀想だと思ったよ。
もうちょっと愛情込めた飼育した方がいいと思うぞ


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(3)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年11月9日 15:50
    返事

    大量殺戮と変わらんやん

  • 2
    名前:
    名無し
    2017年11月9日 20:25
    返事

    再入場タダになるんだっけ

  • 3
    名前:
    名無し
    2017年11月10日 07:05
    返事

    酸素マスク必要な病人の酸素マスク切るようなもんやでぇ・・・

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ