ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

カブトムシの角は、幼虫にあるしぼんだ袋のような組織が、さなぎになる時に膨らんでできることが分かったと、名古屋大などの研究グループが英科学誌に発表した。クワガタムシやセミなど多くの昆虫の外骨格も、同じパターンで作られる可能性があるという。

カブトムシの幼虫の頭には、角に成長する前の「角原基」(縦横、厚さ各約1センチ)という、袋状のしわの多い組織が畳まれていることが分かっていた。だが、それがどのように角の形に伸びるかは謎だった。

 後藤寛貴・名古屋大特任助教(進化発生学)らは、幼虫の体液を角原基に注入してみると、簡単に角の形に膨らんだ。実際の変態でも、同様の現象が起こっているとみられ、角の形成は細胞の増殖によるものではないことが分かった。さらに、角原基をコンピューターグラフィックスで再現。しわを広げたところ、角の形に展開したという。

転載元・詳細:https://mainichi.jp/articles/20171102/k00/00e/040/213000c

みんなの反応

コンドーム方式、道理で立派なものにあこがれる


んー じゃあ袋のできかたを研究しなきゃ


>角の形成は細胞の増殖によるものではないことが分かった。
これってすごくないか?
哺乳類など内骨格の生物と全く違くない?


原基に空気送り込むと角になるアニメーションで草


外国のカブトは単純な棒状なのに
日本のカブトはなんであんな複雑で
カッコイイデザインなん?


これは結構面白いはっけんじゃね? さなぎになるとき体を作り替えるのでは無く準備された
体が成長するだけということだね


ヒトのペニスみたいなもんだな。


つうことは、手足や羽も最初から用意されているってことか


あらかじめ用意されてるのは外骨格の話だろ、
人間も皮膚と骨の形成は早いじゃん
ちなみに人間の脳も年齢と共に一定回数作り替わるよね


これ重要な発見だろ
生物の形や模様や色の分野と成長との関連


かもしれない…ってことは解明と言い切るにはまだ早い段階なのかな?でも一歩前進した感じだしすごいな!


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年11月4日 18:25
    返事

    完全変態の虫はさなぎから羽化するときに羽に体液を注入して形成するのよね
    羽化途中はぶにょぶにょで人が触ったりすると羽化に失敗して成虫になれずに体液が漏れて死んでしまったりするから虫を飼ってる人はしっかりと触らないで羽化を見守ることが大事!

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ