ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

 12月5日に解禁される琵琶湖のアユ漁を前に、漁師たちの表情がさえない。今年8月までだった前の漁期が記録的な不漁で、まだ原因がはっきりしないせいだ。小ぶりのアユは佃煮(つくだに)や甘露煮に重宝され、各地で養殖や放流用の需要も大きい。滋賀県などが不漁の原因解明に乗り出している。

 「60年ぐらいアユ漁をやっていて、こんな不漁は記憶にない」。琵琶湖の西側、同県高島市の今津漁業協同組合長の岡本和夫さん(77)は力なく話す。

 解禁後1カ月で例年500キロ、多ければ1トンとれるが、昨年12月は約100キロにとどまった。出漁も3日に1回ほどに減らした。「今年も期待より不安の方が大きい」と岡本さん。

みんなの反応

各地の川の琵琶湖産アユ


ブラックバスとブルーギルの駆除が足りていない


人が卵から稚魚を育てて放流していないの?


乱獲し過ぎたとは考えんのか?


(ω・ミэ )Э


アユ諦めてバス食え


短絡的な思考で羨ましいな
それより水質汚染と気候の方が問題だろ


ヒント:ブラックバス


テレ東が水を抜きたそうにしています。


歌手のアユは丸々肥えて立派に育成してるのにね


悪いけど琵琶湖ってヘドロとかビワコ虫とか汚いイメージしかない。そりゃアユも減るわ

日本最後の清流!四万十川の天然あゆ(天然鮎)(冷凍)LLサイズ(150g以上)
四万十川西部漁業協同組合
売り上げランキング: 221,117

関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年12月5日 19:01
    返事

    たしかに琵琶湖は汚い

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ