ごま速報|大手掲示板5chで話題のニュース・面白ネタ・最新ゲーム情報のまとめ、その他エンタメ情報を毎日配信!


記事によると

2017年11月17日にニンテンドー3DS向けに発売された『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』。『ポケットモンスター』シリーズ最新作となる本作では、今までに登場した伝説のポケモンをすべて捕まえられたり、あのロケット団が復活したりとさまざまな見所があるのですが……。実は、こっそりと岩田聡氏に関するメッセージも収録されていたのです。

そのメッセージを聞けるのは、アーカラ島はカンタイシティにあるゲームフリーク。そう、このゲームを開発したゲームフリークは、かつてのように作中にも登場するのです。ここにはさまざまなスタッフがいますが、例の話をしてくれるのはモリモトというキャラクター。もちろんこれは、ゲームフリークに所属する森本茂樹氏をモデルにしたキャラとなっています。

モリモトは殿堂入り後に1日1回バトルをしてくれるのですが、この際にバーチャルコンソール『ポケットモンスター 金・銀』から連れてきたポケモンを手持ちに入れていると特別な会話が発生します。会話のパターンはいくつか存在しており、その中に岩田氏に関するものがあるのです。以下がこのメッセージとなります。

金銀で データの 圧縮に
困っていたら とても
便利な プログラムを 作って
助けてくれた 人が いたんだ
その人は そののち 有名な
社長さんに なったよ

“その人”は間違いなく、任天堂の社長を務めていた岩田氏のことに違いありません。かつてはハル研究所に所属する天才プログラマーだった彼ですが、会社の経営不振をきっかけに社長となり経営手腕を発揮します。その後は任天堂に入社し、社長へ就任。ニンテンドーDSやWiiといった大きなヒットを作り出しました。しかし、2015年に病気のため死去。これにはゲーム業界人のみならず、ファンもひどく悲しみました。

プログラマーとして、そして任天堂の社長として数多くのことを成し遂げた岩田氏ですが、実を言うと彼は『ポケットモンスター』シリーズにおいても大きな貢献を果たしているのです。

モリモトが話すように『ポケットモンスター 金・銀』では、グラフィック圧縮ツールに関して困っている森本氏たちを助けたほか、『ポケットモンスター 赤・緑』を海外に発売する際には、任天堂と石原恒和氏(株式会社ポケモン代表取締役社長)の間を取り持つようなことも実施。さらに、ニンテンドウ64『ポケモンスタジアム』では、社長という立場でありながら『ポケットモンスター 赤・緑』の戦闘プログラム(それも仕様書もなく、森本茂樹氏が時間をかけて苦労し作り上げたもの)をわずか一週間で移植するという偉業を成し遂げました。

全文を読む

みんなの反応

なるほどね…


こういう小ネタは良いね。作中のゲームフリークは伝統でもあるし。


岩田社長がいてくれたおかげで今のゲームがあるし楽しめている、本当にどこまでもすごい人だ( ´ ▽ ` )


MOTHERとかも、いわっち氏がいなけりゃ凡ゲーになってたかもしれないんだっけか?


この社長とても好きだったなぁ。何かのキャラとしてこの先追加されたらいいな


やばいこの記事泣ける


いい話だー><


岩田さんのような人がきちんと評価される環境があることがいい(*´-`)


岩田社長がいなかったらポケモン金銀も危うかったってことか。(株)ポケモンから伝えるメッセージとしては歴代ずっと作中に登場しているゲームフリークで社員がゲーム内テキストで話してくれるっていう最高の伝え方だね。

社長になってからも機会があればゲームが作りたいって言ってたし本当に今考えても悔やまれるな…。愛される社長さんだったね。


関連記事

コメントを書く

コメントを残す



コメント一覧(1)
  • 1
    名前:
    名無し
    2017年12月1日 16:38
    返事

    実力があり、みんなに愛されるひとほど旅立つのが早い。

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ